カテゴリー別アーカイブ: 2014年度

第55回 昭和文学会 研究集会

2014(平成26)年度 第55回 昭和文学会研究集会
日時 12月13日(土)午後2時より
会場 駒澤大学 駒澤キャンパス1号館4階 403号室
〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1

※概要、アクセスマップなどはこちら(PDFファイル)をご参照ください。

 

【研究発表】

怪異の生成とその論理――泉鏡花「山海評判記」と小村雪岱挿絵から――

富永 真樹

 

交錯する時間――林芙美子「凍れる大地」試論――

萬処 恵

 

ある「在日」の時間感覚――李良枝『刻』論――

文 寶卿

 

司会 西井 弥生子・片山 倫太郎
 
※ 研究集会終了後、駒澤大学内の学生食堂で懇親会を予定しております。ふるってご参加ください。なお、懇親会の予約は不要、当日受付にてお申し込みください。
 
 

【発表要旨】
 

怪異の生成とその論理――泉鏡花「山海評判記」と小村雪岱挿絵から――

富永 真樹(トミナガ・マキ)

  泉鏡花「山海評判記」(昭和4年7~11月)は、能登を舞台に小説家・矢野がさまざまな怪に遭遇する長編小説である。その怪異を形成するのは白山信仰、土地に宿る伝説、柳田国男らによる民俗学といった様々な引用、過去と現在、「天女」のような娘から「悪魔」のような老人といった一見すると繋がるはずのない雑多な要素であるが、鏡花は「見せる」「隠す」という力関係を駆使することによりそれらを結び、一つの大きな力として作中に成立させている。そしてこれには『時事新報』連載時に添えられていた小村雪岱による挿絵も重要な役割を担っている。雪岱も同様に「見せる」ものと「隠す」ものの選択を意識的に行うことで、読者をより効果的に物語内の怪異に巻き込んでゆくのである。画家と作家がそれぞれ描いた以上のような関係性に注目した上で、主人公を、そして作品そのものを飲み込む怪異がどのようなものであるのか、そこに通底する論理を明らかにしたい。
(慶應義塾大学大学院生)
 

交錯する時間――林芙美子「凍れる大地」試論――

萬処 恵(マンドコロ・メグミ)

  林芙美子の「凍れる大地」(『新女苑』、1940年4月特別号)は、一方で〈紀行文〉、他方で林のテクスト群と比較して『北岸部隊』や『戦線』と同じく〈報告文学〉といった全く異なった評価・解釈がなされてきた。なぜこのような読みの相違が生じているのだろうか。初出誌に掲載されるにあたり、編集責任者の内山基は「報告書」もしくは「レポ」を林に依頼していた。つまりこれはただの私的な旅行ではなく、あくまで視察である。しかし作中では、女の一人旅を強調する記述が繰り返しなされ、それに呼応するかのように現地メディアでは、「まるで放浪記時代の女史そつくり」と報じている。こうした作家イメージを喚起させる報道は、作品と結び付けられて語られてしまう危険性を孕んでいるだろう。本発表では以上のような解釈の枠組みの意味について考察し、「凍れる大地」において林自身が何を語り、何を語らなかったのかを明らかにしていきたい。
(青山学院大学大学院生)
 

ある「在日」の時間感覚――李良枝『刻』論――

文 寶卿(ムン・ボギョン)

  1980年代において「若い世代」であった「在日」三世作家の作品には、一世、二世「在日」作家の作品によくみられる〈民族〉という政治的なテーマよりも、家庭、職場、帰化などの個人的な次元での問題が反映されているものが多いと分析できる。同じく三世作家である李良枝も「在日」の個人的問題に目を向けた作家であるが、彼女の場合、個人の「在日」の経験を通して、民族的アイデンティティの葛藤を描写している。たとえば、李の中篇小説『刻』は、 韓国に留学中のスニという「在日」女性の一日を時間の経過に沿って描いている作品であるが、この作品で注目したいのは、境界を生きる「在日」であるがゆえに主人公に複数の時間軸が生じてしまったことである。この複数の時間軸により、主人公は自己の分裂や「在日」としての苦悩を経験する。
  本発表では、『刻』にあらわれた主人公の葛藤の根拠について、彼女が「在日」という境界人であることを踏まえながら、彼女の持つ複数の時間軸を手掛かりに考察したい。
(お茶の水女子大学大学院生)

2014(平成26)年度 昭和文学会 秋季大会 【特集 挿絵と文学】

2014(平成26)年度 昭和文学会 秋季大会

日時 11月8日(土)午後1時より
会場 成蹊大学 6号館501教室
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
 

特集 挿絵と文学

 

【研究発表】
イメージの移植――1930年代の岩田専太郎を中心に――

諸岡 知徳

新聞小説としての『旅愁』――横光利一と藤田嗣治の風景――

中村ともえ

秘術の叙法と視覚情報――剣豪・忍法小説と挿絵――

牧野 悠

 

【講演】
私説 挿絵史 そしてイラストレーション

宇野 亞喜良
司会 市川 紘美 高橋 孝次

*大会終了後、懇親会を予定しています。

 

【講演者紹介】
宇野 亞喜良(うの・あきら)

   1934年、名古屋生まれ。名古屋市立工芸高校図案科卒業。カルピス食品工業、日本デザインセンター、スタジオ・イルフイルを経てフリー。日宣美特選、日宣美会員賞、講談社出版文化賞、サンリオ美術賞、赤い鳥挿絵賞、日本絵本賞等を受賞、日本宣伝賞山名賞等を受賞。1999年紫綬褒章受章。2010年旭日小綬章受章。
   主な作品に『宇野亞喜良60年代ポスター集』『サロメ』『少女からの手紙』『奥の横道』『MONO AQUIRAX +』、絵本に『あのこ』(今江祥智・文)『白猫亭』『上海異人娼館』(寺山修司・原作)、詩画集『大きなひとみ』(谷川俊太郎・詩)等多数。キュレーターや舞台美術も手掛ける。

 

【発表要旨】
イメージの移植 ――1930年代の岩田専太郎を中心に――

諸岡 知徳(甲南大学非常勤)

   挿絵の歴史はかなり古くまで遡ることが可能であるとはいえ、複製技術による大きな転換が近代に至ってもたらされたことはいうまでない。一つの重要な基盤として複製技術を考えたとき、挿絵ということばにもさまざまな種類を想定されなければならない。例えば、雑誌と新聞など、その扱い方も異なるはずだ。雑誌の場合、ジャンルに合わせて独自の形式をもつ挿絵が展開していった点も指摘できる。それと逆にマスメディアとして発達した新聞の場合、そこに掲載される挿絵も独特の様式を持つことになったといえる。新聞挿絵が飛躍的な変化をとげたのは、新聞メディアの大衆化が進み、それに伴い複製技術も大きく発達した1920年代後半から30年代のことであった。新聞紙面には大衆向けの小説が数多く掲載され、その中央に位置する挿絵は小説とは別の意味でその存在感を発揮していた。
   本発表では30年代の新聞挿絵の意味を挿絵画家・岩田専太郎の挿絵に注目することで、挿絵と小説の関係のあり方や、挿絵の独自の表現形式について考察していきたい。

 

新聞小説としての『旅愁』 ――横光利一と藤田嗣治の風景――

中村ともえ(静岡大学)

   東京日日・大阪毎日新聞社の社友として渡仏した横光利一は、帰国後の昭和12年4月、日日・大毎新聞紙上でフランスを舞台にした小説『旅愁』の連載を開始する。挿絵を担当したのは、フランスで活躍しこの頃は日本に定住していた画家・藤田嗣治である。横光は連載の予告を「外国のことを書くには風景を書く方が近道と思ふ」とはじめ、「日本人が日本にゐるときと、外国にゐるときとは、総ての点に於て変」ることを「風景と人間の心理」の「関係」を通じて書くという構想を明かしていた。だが日中戦争開戦によって連載は中断し、後に雑誌上で書き継がれた部分では主人公の男女の帰国後の物語が長く展開された。本発表では、後続の部分と齟齬をきたし単行本に収められなかった新聞連載の部分を『旅愁』の総体とは切り離し、本文と挿絵からなる新聞小説として捉えなおす。本文と挿絵の表現を分析し、『旅愁』の当初の構想にあった風景という問題の射程を明らかにしたい。

 

秘術の叙法と視覚情報 ――剣豪・忍法小説と挿絵――

牧野 悠(千葉大学非常勤)

   時代小説のハイライトである剣戟場面(チャンバラ)の表現技巧は、昭和30年前後に刷新されている。それまでは概して、テキストに情報が乏しく、添えられた挿絵がリアリティを担保していた。倶楽部系雑誌等の図像が大半を占めた頁は、イメージ形成に関与していた視覚の雄弁さを端的に物語る。
   だからこそ、特異な剣法を描く五味康祐「喪神」が、挿絵のない文芸誌に掲載後、芥川賞に選ばれた事実は、重要な分水嶺といえる。以降、架空の剣の創出に先鋭化した「剣豪小説」では、視覚情報に依存しない自立性の獲得が志向されていた。文芸の変質が、読者の認識や態度に転換を迫ったことは、五味「柳生連也斎」での、挿絵が物語に忠実であるにもかかわらず、理解に齟齬が生じた現象からも読み取れる。
   また、後続する柴田錬三郎「眠狂四郎無頼控」や山田風太郎の「忍法帖」シリーズ等での、テキスト情報に違背する挿絵や、資史料の挿絵が作家に技そのものを着想させた事例を検討する。これら虚構の秘術を主題とする作品において、視覚が担った機能を考察し、ジャンル革新期として再評価を試みる。

 

【企画の趣旨】
   近現代文学研究において「文学を読む」という行為は、端的に捉えるならば、紙面に印刷された文字を通してその世界内容を把握しようとする行為である。では、文字の羅列のなかに挟まれた挿絵は、読書行為のなかでは添え物にすぎないのだろうか。確かに挿絵は純粋な読書体験においては読みのノイズともなりえる。だがその一方で、時に読者を導き、あるいは迷わせ、更には作品世界の視覚化によって言語表現を補完し、読者の感性を刺激するのであり、その意味でやはり挿絵も読書体験に寄与するものなのだ。また、同一作品であっても発表媒体によっては挿絵が変更されたり、挿絵画家自体が交替したりする。つまり、どの挿絵が載った媒体を選ぶかによって、読書体験が左右される場合があり、これが存外にその作品解釈に大きな影響を及ぼすのである。挿絵は文字と並んで個々の読書体験を支える重要なファクターといえるのだ。
   関東大震災を契機として、大衆ジャーナリズムの主軸となる新聞の発行部数は増大し、同時に月刊誌から週刊誌へとより時事的な情報発信がなされるようになる。また、雑誌界の中心が博文館から講談社へと移行し、新たな読者層を開拓してゆくのもこの時期である。挿絵では大正末から昭和初期にかけて小出楢重や藤田嗣治など洋画家が進出し、美人画系の日本画家と肩を並べるようになり、更に吉川英治『鳴門秘帖』の挿絵を担当した岩田専太郎といった挿絵専門の画家が登場することとなる。こうした流れの中で生じた大衆文学の興隆は、白井喬二が作家と挿絵画家との関係を野球のバッテリーになぞらえたように、その重要な一角を挿絵が担っていたことは疑いない。
   また、大衆文学を支えた画家のひとりに石井鶴三が挙げられる。石井は中里介山『大菩薩峠』の挿絵を担当したが、彼が挿絵集を出そうとした際、介山は出版中止を求める訴訟を起こした。物語から着想を得た挿絵は小説の複製であると主張する介山に対し、石井は画家に著作権があると反論。結果的に石井の勝訴となったこの事件は、挿絵への関心を高めると同時に挿絵の位置を明確に示す契機となった。挿絵のオリジナリティをめぐって争われたこの裁判は、その後の小説と挿絵の関係を象徴する事件ともいえる。
   今回、近現代文学研究の一環として挿絵に光を当てることは、文学者・挿絵画家・出版・編集・読者といった複数の場が関わる文学生成の多層性を捉え直すことに繋がるだろう。挿絵と作品内容との有機的な関係を多様なメディアを介して解き明かすことによって、挿絵が如何に読書体験、更には文学自体を左右するか、その働きを多方面からクリティカルに浮かび上がらせたい。(司会)

2014(平成26)年度 昭和文学会 春季大会【特集:Unheimlich ――1920-1960】

2014(平成26)年度
昭和文学会 春季大会

会場 日本大学商学部 3号館講堂
〒157-8570 東京都世田谷区砧5-2-1
日時 6月14日(土)午後1時より

 
特集 Unheimlich ――1920-1960
 
【研究発表】

記憶のなかのアヴァンギャルド

野本 聡

 

二つの「爆発」――岡本太郎と横光利一――

位田 将司

 

「Das Unheimliche」を展開させること

渡邊 史郎

 

【講演】
昭和文学とダダ・シュルレアリスム

巖谷 國士

 
【シンポジウム】

ディスカッサント 勝原 晴希

 

司会 石川 偉子・三浦 卓

 

※ 研究集会終了後、懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込みください。
 

【講演者紹介】
巖谷國士(いわや・くにお)

1943年、東京生まれ。東京大学文学部卒・同人文科学系大学院修了。仏文学者、エッセイスト、明治学院大学名誉教授。60年代から、シュルレアリスムの研究と実践を進めながら、文学・美術・映画・漫画などの批評、翻訳、世界各国の都市や庭園や遺跡をめぐる紀行、植物を中心とする博物誌、メルヘンの創作、美術展の監修、講演、写真個展など、さまざまな分野にわたって自由な活動をつづけている。
主著に『シュルレアリスムとは何か』『封印された星 瀧口修造と日本のアーティストたち』『澁澤龍彦 幻想美術館』『日本の不思議な宿』『フランスの不思議な町』『イタリア 庭園の旅』『オリエント夢幻紀行』『映画 幻想の季節』『森と芸術』『〈遊ぶ〉シュルレアリスム』など。主訳著にアンドレ・ブルトン『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』『ナジャ』、マックス・エルンスト『百頭女』、ルネ・ドーマル『類推の山』など。
最新著に『幻想植物園 花と木の話』(PHP出版局)がある。
 
【発表要旨】
記憶のなかのアヴァンギャルド

野本 聡

ホフマンの『砂男』よろしく60年代後半の子供たちにトラウマ的恐怖を残した不気味な表象に他ならぬ「ダダ」の名が付けられていたことを思い出したい。『ウルトラマン』に登場する「三面怪人ダダ」である。この命名を確かに「ダダイズムに由来し、既成概念では理解し難い宇宙生物を意図し」たと回想する脚本家山田正弘は、詩人としての経歴を持ち、また同時期に大杉栄をモデルとした映画『エロス+虐殺』の脚本も担当している。60年代から辿るイメージ表象としてのアナキズム、ダダイズム、そしてテロリズムの水脈がここに伏流しているのだ。まさに「ダダ」はダダであった? あるいは野坂昭如『てろてろ』において登場するテロリストの一人「オナニスト新吉」の名は明らかに「ダダイスト新吉」のパロディなのだが、60年代末、テロルとオナニーが近接する地点にダダが想起されることにも着目したい。それはむしろ20年代アヴァンギャルドの読み換えを導く契機ともなるからだ。
 
二つの「爆発」――岡本太郎と横光利一――

位田将司

岡本太郎にとって芸術は、「矛盾」が内在させるエネルギーによって制作されるものであった。1940年代以降、特にそれは「対極主義」という形をとり、芸術の放つエネルギーは「火花」から「爆発」へと、その規模を拡大していく。一方、この「爆発」を1920年代において、自らの文学理論に取り入れていたのが、横光利一であった。横光もまた文学に内在する「矛盾」がエネルギーを生み出し、それが「爆発」する時、文学の「新感覚」が現れると表現していたのである。
 本発表では、「矛盾」が引き金となるこれら二人の「爆発」を、偶然に一致した表現だとは捉えず、芸術及び文学の在り方を刷新しようとした、アヴァンギャルドの系譜のなかで捉えられると考える。こう考えることによって、二人の「爆発」の構造が、同時代の精神分析・認識論・存在論が見出していた、「不気味なもの」あるいは「不安」の概念とも相即していることが判明するだろう。1920年代の横光の「爆発」から、岡本の「太陽の塔」(1970)にまで続く「爆発」のエネルギーを、このアヴァンギャルドの構造から分析してみたい。
(日本大学)
 
「Das Unheimliche」を展開させること

渡邊史郎

第一次大戦直後、フロイトが「Das Unheimliche(不気味なもの)」を発表した1919年は、シュルレアリスムの画家マックス・エルンストが「コラージュ」の方法を発見した年でもある。20年後、第二次大戦開始を尻目に花田清輝は、「赤ずきん」で、「コラージュ」を「デペイズマン(置換法)」として散文に応用し、「童話考」でエルンストやロートレアモンを賞賛する。シュルレアリスムの文献から、花田は、自らの芸術論やスタイルを確立するうえでの材料を得た。が、彼はシュルレアリスムを両価的に捉え、自意識の錯乱や精神病と結びつけてもいた。『自明の理』以降の花田の作品は全体としていわばかかる《病》の治癒を志向していて、故にブルトンより彼と対立したヴァレリーが評価されることにもなる。また、屡々フロイトへの批判がある一方で、「Das Unheimliche」の叙述に似たロジックを展開していると見做される。ハイデガーと異なり、フロイトは「不気味なもの」の特徴を、不安などの心的機制より、寧ろ人間の自由な言語表現に結びつけているように思われるのだが、この点は花田にとっても重要だったはずである。このことが『復興期の精神』、1960年代の歴史小説群の成立に何をもたらしたかを考えたい。
(香川大学)
 
【企画の趣旨】
日本におけるダダやシュルレアリスム、およびその周辺の芸術運動は、ともすれば西洋から移入された一過性の流行として捉えられ、技法上の問題を中心に論じられてきたきらいもある。しかし、そこには昭和文学に底流する問題が含まれていないだろうか。たとえばDas Unheimliche ―「無気味なもの」― という視点を設定してみよう。ハル・フォルスターは、シュルレアリスムに近代文学とも本質的な関わりを有する、フロイト的な故郷喪失性との思想的な近接性を見ている。フロイトはunheimlichの本質を「抑圧されたものの再来」であるとしているが、であれば〈わたし〉の問題と無関係ではないはずである。あるいは、1920年代・1960年代という視点に立ってみてもよいだろう。「私は誰か?」の問いを含むブルトンの『ナジャ』(1928)は、1963年に「著者による全面改訂版」が出版、早くも1970年には邦訳が上梓されている。二度の大戦を経て、複製技術が花開いたこれら二つの時代にゆるやかに焦点をあて、交通させることで拓ける展望があるのではないだろうか。当日は、『ナジャ』の翻訳者でもあるシュルレアリスト巖谷國士氏をお迎えし、ダダやシュルレアリスムと名指される様々な現象の生起した「現場」を垣間見ながら、技法や流行では片付かないものを浮かび上がらせることができればと考えている。
各研究発表と講演の後、ディスカッサントに勝原晴希氏(駒澤大学)を迎えてシンポジウムを開催する。会場の積極的なご参加を願いたい。
(司会)

第54回 昭和文学会 研究集会【特集:食―身体・技術・暴力】

2014(平成26)年度
第54回 昭和文学会 研究集会

会場 大正大学 巣鴨キャンパス 5号館 531教室
〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
日時 5月10日(土)午後2時より
特集 〈食〉――身体・技術・暴力
 
【研究発表】

「たましひ」たちの「真剣な世界」――戦間期における「食」と賢治童話

中村 晋吾

 

無塩(ぶえん)の魚 石牟礼道子の「近代」

佐藤 泉

 

〈食〉のゆらぎ――身体論で読み解く文学の現在――

近藤 裕子

 

司会 倉田 容子・野澤 涼子

 

※ 研究集会終了後、懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込みください。
 
【発表要旨】
「たましひ」たちの「真剣な世界」――戦間期における「食」と賢治童話

中村 晋吾

宮沢賢治の「よだかの星」では、「食う/喰われる」をめぐる描写を通じて、他者を殺し、また殺されもする「じぶん」をかかえる、生命たち相互が捉われる関係が、鮮明に描き出されている。他にも、「蜘蛛となめくぢと狸」や「フランドン農学校の豚」、「なめとこ山の熊」などの作品から見てとれるように、賢治童話における「食」という主題は、多くが欺瞞の論理によって隠蔽される「加害/被害」を伴う他者との関係に光をあて、さらには、「ビヂテリアン大祭」や「銀河鉄道の夜」に託されたように、現存する状況を超えるイメージを呼び起こす媒介ともなる。
本発表では、1910年代後半から20年代初頭にかけての書簡や、同時代の田中智学の言説について確認しながら、賢治が戦間期という状況の中で、その「食」をめぐる思想を、智学が提唱した「食/道」の思想から、どのように換骨奪胎し、独自に発展させたのかを考察する。
(早稲田大学高等学院非常勤講師)
 
無塩(ぶえん)の魚 石牟礼道子の「近代」

佐藤 泉

水俣病を世に知らしめた『苦海浄土』にせよ、災厄以前の水俣、天草を書いた『椿の海の記』にせよ、あるいはさきごろ刊行された自伝『葭の渚』にせよ、私たちの印象になにより深く刻まれるのは、そこに描かれた海辺の食ではなかったかと思われる。舟の上でさばいた魚や、自分らの庭先に広がるような海でさっとすくってきた青い海藻の吸い物や、ごく当たり前の書きぶりでそこに書き留められているのは、間違いなく至上の贅沢だ。そして私たちはその海辺の「栄華」から、決定的に隔てられている。石牟礼道子の描く美食を、ここでは私有でも公有でもない海から授かった、返済不可能の「負債」として読み、これを水俣病原因企業が患者に対して支払う「補償額」の思想と対比し、また、みずからが魚たちを殺して食べていることの「暴力」と「罪」を自覚する漁師と、「補償金」を支払う企業とを対比することで、「交換」、「負債」、「暴力」、そしてなにより私たちの文化の基盤をなす「市場経済」の意味を考えることにしたい。
(青山学院大学)
 
〈食〉のゆらぎ――身体論で読み解く文学の現在――

近藤 裕子

長らくパンや(めし)は生きることの喩であり続けてきた。しかし、食の安定供給が実現してゆく中で、それは生存よりは関係の喩として臨床や文学の場に浮上してきたように思われる。一緒に食べること、味わいを共にすることに親和性や交流性を見たのは大平健(「食と性―その共通根を求めて―」)だったが、関係がきしむ時、味わいは失われ食事の場は苦痛に変わる。その苦痛を振り払うように、ある者は食べることを拒んで個室にこもったり、吐き続けたりする。また別の者は、食うことを無理強いしたり、食べ物に悪意を混入して煮込んだりする。本発表では、村上春樹や小川洋子、川上弘美、山本昌代らのテクストを対象に、こうした〈食〉の現代的な様相を捉えつつ、そこに潜む心のもつれや結ぼれを探ってゆく。また、関係のきしみが、新しいどのような〈食〉のあり方を求めてゆくのかについても、身体論、臨床的視点をまじえながら考えてみたい。
(東京女子大学)