2020(令和2)年度 昭和文学会 秋季大会

【重要なお知らせ】2020年度秋季大会は大阪樟蔭女子大学での開催が予定されておりましたが、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、オンライン開催となりました。
 
特集 いま〈古典〉を考える–戦後文学文化における〈古典〉とは何か–
 
日時 2020年11月7日(土) 午後(予定)
 
【登壇者紹介】
・衣笠正晃氏(法政大学)
・西野厚志氏(京都精華大学)
・竹田志保氏(学習院大学ほか)
・勝亦志織氏(中京大学)
 
※大会の詳細やオンライン学会への参加方法は昭和文学会HP(http://swbg.org/wp/)で改めてお知らせいたします。今後、やむを得ない事情より一部内容の変更、当日の急な変更等も生じる可能性があります。その際も速やかに当会HP上でお知らせいたします。
 
【発表題目】
・衣笠 正晃
「大衆化のなかの国文学/国文学界
――戦前・戦後の連続性から考える――」
・西野 厚志
「分身と変身
――谷崎潤一郎訳「源氏物語」と小説「夢の浮橋」――」
・竹田 志保
「少女文化のなかの古典」
・勝亦 志織
「田辺聖子『新源氏物語』における光源氏の恋と七夕
――宝塚歌劇化を回路にして――」
 
【企画趣旨】
 本企画では、主として戦後の作品を対象に、古典文学研究者と近代文学研究者とのシンポジウムを設け、あらためて作家・創作における〈古典〉の意義を探っていく。それとともに、一般読者層の関心・アカデミズム双方ともに看過しがたい領域において、創作と研究とが互いの成果を共有しうる契機を見出していきたい。 
 「近代文学」研究は、その成り立ちにおいて戦前よりの「国文学」研究の方法論を継承しつつ「古典文学」との分担が図られてきた。
 その歴史はもちろん単純な二項対立を前提とするものではなく、相互浸透が目指されつつも差異化も意識されてきたものといえるだろう。たとえば戦前に議論があった国文学研究の様々な方法論、文献実証・歴史社会学派・文藝学・解釈学などの成果が改めて多角的に見直される動きが見受けられる。〈古典〉をどう引き受けるかという関心の所在は、「解釈と鑑賞」「国文学」誌上などにおける、古典文学・近代文学・作家・研究者の枠組みを超えたやりとりにも見出されるだろう。
 さらにその現象は、学術研究にとどまるものではなく、大衆文化・メディアミックス・ポピュラリティーとも重なる領域を形成してきたはずだ。
 
 一例を挙げるならば、田辺聖子による上代から近世まで幅広い古典文学紹介の数々は、漫画文化への影響などもあり、今なお新たな可能性を秘めているだろう。
 「源氏物語」に関してみても、円地文子・谷崎潤一郎・橋本治・舟橋聖一など、それぞれに研究領域との距離の置き方、相対関係に個性がみられる。山田孝雄を通じて現代語訳に取り組んだ谷崎潤一郎や、上田萬年を父親にもつ円地文子のように、創作と研究が密接に結びつく例があるのに対し、橋本治のように自らのアカデミズム的な知識を創作の基盤とした例もみられる。先の田辺聖子による『新源氏物語』などは、原文尊重と対極的な流れに位置付けられ、古典文学のイメージを語りの難解さから解放したものとしても名高い。
 その他、石川淳『新釈古事記』・瀬戸内晴美『とはずがたり』など、著名な作家による古典文学受容は戦後も枚挙に暇がない。
 
 戦後の古典文学受容は、年代的な新しさ、未分化で再評価の余地が大きい領域ゆえに、学術研究においては剔抉しきれていない可能性もいまだあるのではないか。専門の細分化・文学研究における閉塞感を危惧する声も多い中、依然、エンタテインメントなどの領域においては文学への興味が活況を呈する現在、その様相を改めて見直す意義があるといえよう。

韓国日本学会との姉妹学会締結のお知らせ

昭和文学会と韓国日本学会は「学術交流協定書」および「学術交流のための申し合わせ」にサインし、正式に姉妹学会となりました。

 

それに伴い、相互の学術交流のために、両学会のホームページの相互リンク及び機関誌の交換が行われます。
また、昭和文学会の会員は以下のことが可能となります。ご希望の方は、韓国日本学会の公式サイトで規定をご確認ください。

 

・韓国日本学会機関誌への論文投稿
・韓国日本学会における研究発表への応募

 

《韓国日本学会公式サイト》
http://www.kaja.or.kr/

 

学術交流協定書][学術交流のための申し合わせ・附則