2016(平成28)年度 春季大会

2016(平成28)年度 昭和文学会 春季大会
 
特集 〈文学が世界で流通する〉という事態を問う
 
日時 6月11日(土)午後1時より
 
会場 青山学院大学 14号館総研ビル12階大会議室
   (〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25)

大会概要、アクセスなどはこちらを参照ください。

 
 
開会の辞
篠原 進(青山学院大学副学長)

 
【基調講演】
人文学の将来と人間的差異(anthropological difference)
酒井 直樹

 

【研究発表】
戦後日本における「世界文学」の系譜

笹沼 俊暁

 

第二次テクスト論の射程 ――翻訳・原作・流通――

中村 三春

 
           
【シンポジウム】
 
閉会の辞
代表幹事

司会 榊原 理智・高橋 由貴

 

※終了後、青学会館にて懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。
 
 
【企画趣旨】
  2000年代から「世界文学」という言葉を冠した著書が多く出版されるようになり、英語圏を中心に文学の生成・流通過程を世界的な文脈の中で捉える新たな文学研究の可能性が模索されている。現代文学はもちろん、過去の文学を再編成した「世界文学」のアンソロジー編纂も、英語圏では複数試みられており、2010年以降は日本でも、翻訳を通じて日本文学が流通することに価値を見出す言説が、数多く生産されている。
  こうした事態は、ポスト・コロニアリズムの隆盛によって非西洋圏文学の英語訳が激増したこと、インターネットによって新しいタイプの読者共同体が生成されつつあること等、文学の流通/生成のインフラ変容に支えられているが、ここで構想され具体化されている「世界文学」という概念は、たしかに新たな可能性を日本文学研究にもたらすと思われる。例えば、一国内の文脈に縛り付けられていた文学作品が、思いも寄らなかった文脈に置き直されることによって別の読みに拓かれる可能性はあるし、西欧文学の基準で編まれていた文学史が、アフリカやアジアの文学を考慮に入れることによって根底から組み替えられることになるかもしれない。「国民文学」の縛りや、西洋・非西洋の壁を打ち破る可能性を、「世界文学」という言葉の広がりが持っていることは間違いがない。
  しかし、同時に「世界文学」という問題系は、さまざまな葛藤を我々に投げかける。この潮流を、今までの西洋・日本の非対称性を是正する機会であるかのように考え、翻訳された日本文学がグローバルに認定されることを単純に言祝ぐのであれば、それはグローバル・スタンダードを無批判に受け入れ、温存することになるだけである。そこでは、「日本」という同一性は担保されたまま「西洋」に取って代わる名辞として「世界」が使われているのであって、最終的には非対称性を問う契機を失うことになる。これまでの普遍/特殊の構造が、「世界」を装ってさらに強化される可能性すらあると考えられる。
  これまで、こうした問題にもっとも先鋭的に取り組んできたのは翻訳論の領域であった。今回の企画では「〈文学が世界で流通する〉という事態を問う」という中心テーマを掲げ、翻訳論の成果を踏まえつつも、多角的な視点から「世界文学」の問題系の検証を行うと同時に、現在の日本文学研究のさまざまな前提を問い直す場となることを目指したい。
 
 
【講演者略歴】
酒井 直樹(さかい・なおき)
  1946年、神奈川県生まれ。東京大学文学部哲学科卒業後、シカゴ大学東アジア言語文化学科で博士号取得。シカゴ大学人文科学部助教授などを経て、現在はコーネル大学比較文学科及びアジア学科教授。専門は日本思想史、比較文学、翻訳理論。
  著書に『死産される日本語・日本人――「日本」の歴史‐地政学的配置』(新曜社、1996年)、『日本思想という問題――翻訳と主体』(岩波書店、1997年)、『過去の声――一八世紀日本の言説における言語の地位』(以文社、2002年)、『日本/映像/米国――共感の共同体と帝国的国民主義』(青土社、2007年)、『希望と憲法 日本国憲法の発話主体と応答』(以文社、2008年)などがある。
 
 
【発表要旨】
戦後日本における「世界文学」の系譜

笹沼 俊暁(ささぬま・としあき、台湾・東海大学副教授)

  近年、池澤夏樹編集による世界文学全集など、従来の西欧中心主義的な世界文学を越える、世界文学概念の再検証の動きがある。カルチュラルスタディーズやポストコロニアル批評などの隆盛がその背景にあるが、しかし、そうした動きは、冷戦期にさかんに叫ばれた「第三世界」概念にも源流があると考えられる。戦後日本思想史における「世界文学」言説を再検証する。同時に、リービ英雄のように、メジャーな言語を母語としつつ、相対的にマイナーな言語を創作言語とする、「マイナー文学(ドゥルーズ&ガタリ)」を反転させた創作活動の意義についても検証する。                               
 
第二次テクスト論の射程――翻訳・原作・流通――
中村 三春(なかむら・みはる、北海道大学大学院教授)

  日本語は翻訳語との融合を経て現代を迎え、日本文学は海外からの影響を受けて展開してきた。翻訳と比較は、他者理解と自己認識において不可避であることを、酒井直樹やジョナサン・カラーは語っている。日本文学の翻訳や原作が世界的に流通している現状を見ても、その言語は既に翻訳的なものであり、原作もまた常に混成的な対象であることを忘れることはできない。翻訳、あるいは原作のある作品は、他のテクストによって作られる第二次テクストであるが、第一次テクストも本来第二次テクストであり、国際化は実は根元的に発生していたことになる。ここからオリジナリティや主体性に関する根底的な見直しが必要であるとともに、国際化や流通の回路を逆流させ、新たな断面を切り出すことができるのではないだろうか。ここでは、村上春樹と小川洋子を題材として、翻訳と原作が流通する時に見えてくる再帰的な様相を、第二次テクスト一般論を展望しつつとらえてみたい。
 
———-
春季大会の出版社出店について
当日、出店を希望される出版社の方、および、雑誌等の研究成果の販売・配布などをしたい方は、事前に下記までお問い合わせください。
連絡先:takumi■rikkyo.ac.jp(会務委員長・石川巧) ※■を@に直してください。

お詫び​

お詫び​
この度、学会員のみなさまにお送りした「昭和文学会 第58回研究集会」​の​案内状に関して、ご登壇者である柿原和宏氏の発表タイトルに間違いがありました。柿原和宏氏に​深く​お詫び申し上げるとともに謹んで訂正させていただきます。正式なタイトルは現在HPに掲載されているものになりますので、ご確認のほど宜しくお願いいたします。

2016(平成28)年度 第58回研究集会

2016(平成28)年度 昭和文学会 第58回研究集会
 
日時 5月14日(土)午後1時30分より
 
会場 二松學舎大学 九段キャンパス1号館4階401教室
(〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16)
 

大会の概要、アクセスマップなどはこちら
 
 
【特集】 ピカレスク――戦後~昭和30年代における〈悪〉の描出――
 
開会の辞
二松學舍大学文学部長 江藤茂博

 
【研究発表】
われは知る、テロリストのかなしき心を――三島由紀夫と二・二六表象――
松下 浩幸

 
経済小説/映画のなかのピカレスク――「黒シリーズ」における映画俳優・田宮二郎――
志村 三代子

 
探偵小説ジャンルと〈悪〉の表象――戦後~昭和30年代を中心に――
柿原 和宏

 
【シンポジウム】
戦後~昭和30年代のピカレスク
ディスカッサント 山口 直孝
(司会) 小松 史生子・細沼 祐介

 

※ 終了後、二松學舍大学九段キャンパス1号館11階1103会議室にて懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。
 
 

【企画趣旨】
  古来より物語に登場する英雄の陰には、必ず反英雄、アンチヒーローの姿があった。彼らは単に日常を脅かす悪の手先にとどまらず、時には権威・権力を象徴する英雄に対して、抑圧された民意を代弁し、最下層から反抗を続ける魅力的な存在としてその輝きを強めていった。こうした悪漢、ピカロ、ヴィランズの姿は非日常が横溢した世界のみならず、固定化された日常の世界においても、無論その働きを弱めることはない。幅広い作品世界で悪の華を咲かせ続ける彼らをあえて研究の対象とすることは、正統な規範意識への疑義というだけではなく、閉塞的な現在の社会に覆い隠された人間の性そのものに迫る問いとなるだろう。
  今回の企画ではこれを踏まえ、コンテンポラリーなモダン都市に生きるという自覚を持った〈都会人〉が、その自負の陰に常に抱いているアイデンティティの揺らぎと不安を、ピカレスクという表象に投影してきた経緯を明らかにすることを目的とする。そのためにはミステリ等のエンターテインメントのジャンルにおける、印象的で誇張された〈悪〉の像を探る一方で、純文学の領域を中心にした、極めて日常的な場に潜む、身近な隣人としての〈悪〉の姿をも視野に入れる必要があるだろう。さらにはこれらの〈悪〉の魅力をより広範に、より鮮烈に描くものとしての、映画等の様々なメディアとの関連も踏まえなければならない。
  これらの千差万別な〈悪〉の像を論じるにあたって、今回は戦後から昭和30年代を一つの区切りとし、モダン都市を形成するあらゆるパーツに見え隠れする様々な〈悪〉なるカテゴリーを論じ、そこから同時代性をもって立ち現われてくるピカレスク造形を軸として考察していきたい。
 
 

【発表要旨】
われは知る、テロリストのかなしき心を――三島由紀夫と二・二六表象――

松下 浩幸(明治大学)

  文学テクストは多かれ少なかれ悪を主題にしてきたし、それは現在も変わらない。言わば〈文学〉とは悪の表象化だとさえ言える。そしてさらに言うならば、いわゆる純文学は悪と正義の二項対立的な基準を繰り返し疑い、揺さぶることで、再生産されてきたとも言える。昭和30年代から40年代に掛けて三島由紀夫が関心を寄せ、そして自らも模倣した二・二六事件の主体たる青年将校との関わりを一つのモデルとして、そのような文学と悪の問題を考えたいというのが本発表のねらいである。例えば「英霊の聲」は鎮魂されない〈悪霊〉を〈英霊〉として呼び出すことを試みたテクストだが、この反転作業は同時代においてどのような意味を持っていたのだろうか。三島の描く悪のドラマトゥルギーは二・二六の青年将校を見出すことで、悪と正義の拮抗に新たな意味を見出そうとしたように思える。三島と悪の問題を戦後の二・二六表象との関係から考察してみたい。
 
 
経済小説/映画のなかのピカレスク――「黒シリーズ」における映画俳優・田宮二郎――
志村 三代子(都留文科大学)

  日本映画では、悪役が主役になる場合は、『大菩薩峠』の机龍之介、「眠狂四郎」シリーズなどの時代劇の「色悪」が主流であり、現代劇のピカレスクは長らく傍流とされていた。ところが、戦後の高度経済成長期に現代劇のピカレスクを演じ、一躍注目を集めた映画俳優が現れた。それが田宮二郎である。田宮は、『白い巨塔』の医学部教授・財前五郎役でピカレスクの頂点に達したことは知られているが、昭和37年から39年にかけて計11作品が製作された「黒シリーズ」では、他の主演俳優を圧倒し、突出した魅力を発揮した。なかでも梶原季之原作の第1作『黒の試走車』(増村保造)での田宮の好演は、「産業スパイ」という言葉の流行とともに、シリーズの人気に拍車をかけた。
  本発表では、「黒シリーズ」の最初の作品である『黒の試走車』(昭和37年、増村保造)とシリーズ最後の作品『黒の超特急』(昭和39年、増村保造)を取りあげ、梶山季之の原作、脚色、そして増村保造の演出の特徴を分析しながら、高度経済成長期に現れた新たなピカレスク・田宮二郎の魅力を検証する。                 
      
 
探偵小説ジャンルと〈悪〉の表象――戦後~昭和30年代を中心に――
柿原 和宏(早稲田大学大学院)

  専門誌の相次ぐ創刊、戦前作家の復活と新人作家の登場により、探偵小説は戦後いちはやく流行を迎えた。推理小説という呼称の成立はジャンルの定義に変化をもたらし、生き残るための作家たちの試みは、昭和30年代にブームとなる社会派推理小説がこのジャンルにひとつのモデルをつくるまで様々なかたちで行われた。その中で本格長編は戦後探偵小説の特徴であり、連続殺人と犯罪描写は犯人像を強調し、探偵小説における犯人のウエイトを高める側面を持った。本発表では、戦後すぐに新人として登場して以来、「本格」を重視して創作を続けた高木彬光を取り上げる。デビュー作『刺青殺人事件』(昭和23)の探偵役・神津恭介は、社会から悪を除去する使命を自覚し、後続作でもその役割を果たしていくからである。事件の犯人に時代の悪を代表させ、探偵の推理過程を悪との対決として主題化する彬光作品を中心に、戦後の探偵小説ジャンルと悪との関係を考察する。
 
 

———-
2016年度 昭和文学会の集会・企画は以下の予定です。
 
6月11 日(土)春季大会(青山学院大学)
【特集】〈文学が世界で流通する〉という事態を問う