カテゴリー別アーカイブ: 2010年度

【報告】昭和文学会第47回研究集会

  • 日時 2010年12月11日(土) 午後1時30分より
  • 会場 お茶の水女子大学 大学本館(306教室) *昭和文学会会員以外の方でも、無料・申込不要にて参加できます。
  • 研究発表(司会 浜田雄介・ 山田夏樹)「雑沓」系列の射程――宮本百合子「雑沓」「海流」「道づれ」をめぐって―― 池田 啓悟動揺する語り手の位相 ――佐多稲子「分身」をよむ 鳥木 圭太シミュラークルとしての「憂国」――コピーし/されていく物語―― 中元 さおり津島佑子『あまりに野蛮な』――植民地台湾をめぐる記憶と想像力――  川原塚 瑞穂
  • 懇親会
    ※ 研究集会終了後、学内にて懇親会を予定しておりますので、皆様ふるってご参加下さい。

報告要旨

「雑沓」系列の射程――宮本百合子「雑沓」「海流」「道づれ」をめぐって――

池田 啓吾

宮本百合子の連作「雑沓」(一九三七年一月)「海流」(同年八月)「道づれ」(同年一一月)は、当初三部構成を予定していたが、第一部の途中で執筆禁止にあい、そのまま完成されることはなかった。しかし、ここにはそれ以後の作品からは失われてしまった可能性があったのでないか。「社会の各層の縦断」(宮本顕治宛書簡)を目論んだこれらの連作は百合子の他作品と様子が違っている。女学生の宏子を中心としつつ、その母、学生活動家、デパート店員など、焦点人物が次々と変わっており、宏子の家庭はやがて『二つの庭』に描かれるのと共通の題材を扱っている。こうした自伝的な題材の中に、「だるまや百貨店」や「舗道」で描いた女性労働者が登場し、百合子が三〇年代に作り上げた作品世界が取り込まれている。だが、それぞれの世界は並列したまま溶け合うことなく作品は中絶された。前後の作品との関連を検討しながら、戦後の作品では失われてしまった可能性を考えてみたい。 (立命館大学大学院生)

動揺する語り手の位相 ――佐多稲子「分身」をよむ

鳥木 圭太

佐多稲子「分身」(『文芸春秋』一九三九年七月、『文芸』一九三九年九月)は、日中戦争期の日本(内地)で中国と日本の「混血児」である主人公のアイデンティティの動揺と日常の葛藤を描いた小説である。この作品は母と娘の確執を物語の縦糸に、そこに「混血児」であることの困難さが織り込まれていくが、本発表ではそうした「母と娘」の私的な物語が、〈非常時〉を形成する言説の枠組みへ回収されていく過程を考察し、そこに現れた〈他者〉表象と語り手の位相の動揺との連関を読み取り、左翼運動崩壊後の知識人の主体形成の試みの多くがなぜ「外地」を志向したのかを明らかにする。特にこの問題は、事変下の日本の社会状況において、多くの転向作家たちが戦争を内面化していく問題とも密接に結びついていると考えられる。本発表は、昭和一〇年代の重層的に生起する言説状況の中でテキストが成立した背景を読み直し、複雑に絡み合う同時代の様相の一側面を浮き彫りにする試みである。 (立命館大学大学院研究生)

  シミュラークルとしての「憂国」――コピーし/されていく物語――

中元 さおり

 
三島由紀夫の死後、「憂国」(『小説中央公論』昭和三十六・一)は三島の行動や政治的な態度と関連づけて論じられてきた。また、三島が作品を後追いするかのように「憂国」の世界に接近していくことも指摘されてきた。特に「憂国」の映画化(昭和四十年制作、四十一年公開)は、言語形式から映像形式へと表現様式を変えて自己模倣し、「憂国」という物語を再生産する試みであったように思える。また、この試みの先に、晩年におこなわれた切腹写真の撮影も位置づけられよう。本発表では、このような「憂国」をめぐる反復の経緯をおさえたうえで、切腹表象を手がかりにして「憂国」という作品自体が含み持つ〈模倣性〉を明らかにし、「憂国」がさまざまなコピーの集積体であることを論じたい。また、自己模倣を繰り返していくなかで立ち現れてくるシミュラークル的存在としての三島の一面を提示したい。                                     (広島大学大学院生)

津島佑子『あまりに野蛮な』――植民地台湾をめぐる記憶と想像力――

川原塚 瑞穂

一九三〇年に台湾で起きた抗日蜂起事件「霧社事件」を扱った津島佑子『あまりに野蛮な』(二〇〇八)は、枠物語の構造をしている。一九三〇年代に植民地台湾に生きた女性の手紙や日記、それを手に二〇〇五年に台湾を旅する姪が想像で補った物語、そして旅を続ける姪自身の物語、さらに二人の物語を「あなた」に届ける「わたし」という語り手が設定されている。このように多層的な構造のなかで、二人の女性のみならず、霧社事件の首謀者とされる男性やその娘、客家系の台湾人の男性や「原住民」の女性など、さまざまな立場の人間たちの声、記憶、夢が響きあい、ときに交じり合う。夢と現実、過去と現在が入り乱れるマジックリアリズム的手法は、津島文学の得意とするところだが、その交錯が本作の中で植民地やジェンダーをめぐる権力構造とどうかかわり、文明/野蛮という二項対立をどう読み替えていくのか考えたい。  (お茶の水女子大学大学院生)

【お知らせ】昭和文学会第47回研究集会

下記の日程で第47回昭和文学会研究集会を開催します。皆様お誘い合わせの上ご参加ください。

  • 日時:2010年12月11日(土)午後1時30分より
  • 会場:お茶の水女子大学 大学本館  306教室
  • 特集 自由発表 
    →終了しました

 

【報告】昭和文学会 2010年秋季大会 SFと現代文学

  • 日時 2010年11月13日(土) 午後1時30分より
  • 会場 法政大学 市ヶ谷キャンパス 外濠校舎S305教室 *昭和文学会会員以外の方でも、無料・申込不要にて参加できます。
  • 研究発表(司会 竹田 志保・奴田原 諭)幽霊・異星人・失踪者―SFの時代と安部公房 波潟  剛疎外による超越の臨界点―三島由紀夫『美しい星』と大江健三郎『ピンチランナー調書』 山崎 義光   
    笙野頼子的想像力の冒険―意識・身体・感覚― 中川 成美
  • 講演 次の千年の文学 高橋 源一郎   
  • 懇親会
    ※ 大会終了後、学内にて懇親会を予定しておりますので、皆様ふるってご参加下さい。

報告要旨

幽霊・異星人・失踪者―SFの時代と安部公房

波潟  剛

自分はなぜ安部公房とSFの関係について論じてこなかったのか。当時は先行研究が少なかったからといってもあまり説得力はなく、やはりどこかで純文学とSFとの区別をしていたのだと思う。いま、あらためてこの課題と向き合うならば、一九五〇年代後半の創作における変化期が、彼のSF創作の開始と重なっている点で注目に値する。今回は短編「使者」(一九五八年)と、その後長編になった『人間そっくり』(一九六七年)を軸に考えてみたい。火星人と自称する人物をめぐる物語である「使者」と、ほぼ同じ時期の戯曲『幽霊はここにいる』は、その存在が疑問視される不確かさが中心となって展開する点で共通している。また、テレビドラマ版を経て長編となった『人間そっくり』の場合も、『砂の女』(一九六二年)をはじめとする失踪者の物語と同様、不在者をめぐる問題を追及しているといえる。こうした共通点を検証し、新たな安部公房文学の視座を提示できるよう試みたい。 (九州大学大学院比較社会文化研究院准教授)

疎外による超越の臨界点―三島由紀夫『美しい星』と大江健三郎『ピンチランナー調書』

山崎 義光

常識や自明なものを覆す「危険なこと」を「言葉」「文体」によって表象することを「文学」の要件とする三島は、この意味でSFへの期待を表明し、キューバでの核戦争の危機が報道された六二年に『美しい星』を発表している。『美しい星』では、無為無力から反転し「宇宙人」であると自覚した大杉一家と羽黒一派が、核による終末論的な世界の帰趨について議論する。一方、三島(文学)に対する批評を一つのモチーフとした大江には、息子と父がそれぞれ二十歳成長し、若返る「転換」を起こし、「宇宙的な意志」による使命を自認して、核をめぐる闘争劇に加わる『ピンチランナー調書』(七六年)がある。無為無力な生、障害を負った生という疎外を契機として超越論的な立場を獲得するというSF的奇想を導入して、核による終末論的なヴィジョンと実存の関係を両作品がどう展開したか、「核時代の想像力」の臨界点について考えたい。 (大阪府立工業高等専門学校)

  笙野頼子的想像力の冒険――意識・身体・感覚――

中川 成美

近代科学の進展によってもたらされた近代社会にあって、サイエンス・フィクションという文学ジャンルは、かつて人間はいかなる未来のヴィジョンを夢見たかということを可視化する機能をもっている。ヴェルヌやウェルズが描いた世界は破天荒なほどに現実味を逸したものであっただろう。しかし、現代、それらの幾つかは現実となり、なお私たちの想像力の範囲を超えて「伸展」しようとしている現状を見るにつけ、果たしてそれらをSF的想像力(虚構・非現実)として放置してしまっていいのだろうかという疑問にとらわれてならない。 笙野頼子は、SF的想像力として造られた疑似未来から現在をみようとする。歴史的過去となってしまった「いま」は奇妙な歪みを生じて、自明性の中にどっぷりとつかりこんだ私たちをうろたえさせる。本発表では笙野の旺盛な内的想像力に支えられた90年代の作品群を中心に、「過去」(虚構である事実)となった「いま」(事実である虚構)がどのように登場人物の意識や身体、感覚の現実を構成していくかを分析し、笙野頼子における文学的想像力の問題について考えてみたい。 (立命館大学文学部教授) 

  【講演者紹介】高橋 源一郎

一九五一年、広島県尾道市生まれ。横浜国立大学経済学部除籍。作家。翻訳家、文芸評論家、明治学院大学教授などの顔も持つ。一九八一年、「さようなら、ギャングたち」で群像新人長篇小説優秀作を受賞し、デビュー。パロディや引用を駆使し、超現実的世界を独創的な文体で描く。一九八八年、『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、二〇〇二年『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞を受賞する。著書に『虹の彼方に(オーヴァー・ザ・レインボウ)』(一九八四年、中央公論社)、『ジョン・レノン対火星人』(一九八五年、角川書店)、『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』(二〇〇五年、集英社)他多数ある。新著『「悪」と戦う』(二〇一〇年、河出書房新社)は大きな反響を呼んでいる。

【お知らせ】昭和文学会2010年度秋季大会

下記の日程で2010年度昭和文学会秋季大会を開催します。皆様お誘い合わせの上ご参加ください。
→終了しました

  • 日時:2010年11月13日(土)午後1時30分より
  • 会場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 外濠校舎S305教室
  • 特集タイトル SFと現代文学