カテゴリー別アーカイブ: 2013年度

第53回 昭和文学会 研究集会

2013(平成25)年度
第53回 昭和文学会 研究集会

会場 専修大学 神田キャンパス 7号館 3階 731教室
〒 101-1825 東京都 千代田区神田神保町3-8
日時 12月14日(土)午後2時より

 
【研究発表】
 
恐妻と貞操
――源氏鶏太「三等重役」と占領期民主化政策

服部 このみ

吉屋信子作品における〈障害者〉表象
――『安宅家の人々』と『女の年輪』を中心に

山田 昭子

非武装化後の「私」
――島尾敏雄「その夏の今は」論――

安達原 達晴

司会 服部 訓和・原 貴子
 

※ 研究集会終了後、懇親会を予定しております。会場の専修大学のご協力で構内に場所を設置し、気軽に参加できるかたちで開催したく思っています。ふるってご参加ください。なお、懇親会の予約は不要、当日受付にてお申し込みください。
 
【発表要旨】
 

恐妻と貞操――源氏鶏太「三等重役」と占領期民主化政策

服部 このみ

源氏鶏太「三等重役」(『サンデー毎日』1951年8月12日号~1952年4月13日号)は当時爆発的な人気を獲得し、戦後のサラリーマン小説の嚆矢となった。
この小説はサラリーマン小説として注目されることが多いが、内容を見てみると仕事の描写はほとんどなく、社員の恋愛・結婚話や社長夫婦の関係、社長の浮気未遂の話といった男女関係のエピソードに満ちている。また、主人公の桑原社長がアメリカ民主主義に影響を受けた家族観・性意識をもった人物として肯定的に描かれるなど、戦後派の夫婦観や新しい性意識がこの小説の主題の一つになっている。
本発表では、桑原社長に与えられた「恐妻家」「貞操堅固」という二つの特徴の分析と、それに関連する当時の言説・政策の点検を通して、占領下の日本においてGHQによって推し進められた民主化政策、とくに家族・夫婦観、性意識の民主化を「三等重役」が、ひいては日本社会がどのように咀嚼し、受け入れようとしたかを考えたい。
(金城学院大学大学院生)
 

吉屋信子作品における〈障害者〉表象――『安宅家の人々』と『女の年輪』を中心に

山田 昭子

吉屋信子『安宅家の人々』は戦後における吉屋の代表作と言われた作品である。その10年後の昭和36年に執筆された『女の年輪』は、吉屋が伝記的作品や歴史小説へと移行する過渡期に書かれた作品であるが、〈障害者〉である配偶者を持つ男女を登場させた点で『安宅家の人々』と共通している。本発表では作品の内包する時代背景を踏まえ、吉屋の〈障害者〉表象に着目すると同時に、『安宅家の人々』から『女の年輪』を経た吉屋のまなざしが、以降の作品にどのように受け継がれ、あるいは断たれたのかについての考察を目的とする。『安宅家の人々』と『女の年輪』における吉屋の〈障害者〉表象が戦前の作品のそれと異なる点は、〈障害者〉をめぐる性的な問題を浮上させている点にある。この二作品に至って、吉屋は『花物語』以降追及してきた〈障害者〉表象を時代の動きとリンクさせ、そのモチーフを改めて問い直していると言えよう。そのことを吉屋作品内部の問題にとどまらない事項として考察していきたい。
(専修大学大学院生)
 

非武装化後の「私」――島尾敏雄「その夏の今は」論――

安達原 達晴

「その夏の今は」は「出孤島記」「出発は遂に訪れず」に次ぐ、島尾敏雄の特攻隊体験に基づいた所謂〈三部作〉の一つとされる。既に指摘がある通り、即時待機の緊迫した状況がみえる前二作に対して、本作では敗戦直後に露わとなる特攻部隊と周辺住民の変化に困惑や不安、怖れを抱く隊長「私」の姿が綴られている。しかし、「その夏の今は」の解読をそうした「私」の受動的な心理面のみにとどめず、個人が何を拠り所として自己の存在を関係づけ、また意味づけていくのかといった大きな視座にまで拡大して試みることはできないだろうか。今回の発表では、特攻艇の解体という文字通りの非武装化を背景に進行する心理的な非武装化、さらにその後の出来事――「私」と三人の部下による口論――を経て「私」が「島にとどまるつもり」と最終的に語るまでの経緯を取り上げる。島尾の特攻隊体験をめぐる言説および〈南島〉言説の両者に占める本作の位置づけにも触れつつ、「私」が非武装化後になそうとしている選択の意味と可能性を探りたい。
(東海大学非常勤講師)

2013(平成25)年度 昭和文学会 秋季大会【特集:群衆と文学――戦後から現代へ――】

2013(平成25)年度 昭和文学会 秋季大会

会場 金城学院大学 WEST9号館 204号室
〒463-8521 愛知県名古屋市守山区大森2丁目1723
日時 11月9日(土)午後1時より

特集 群衆と文学――戦後から現代へ――

開会の辞

金城学院大学大学院文学研究科長 藤森   清

【研究発表】
荒野の群衆
――開高健「ロビンソンの末裔」――

峯村 康広

〈一揆〉の表象
――群衆を描くとはどういうことか?

石川  巧

群れに躁ぐ、群れに醒める
――古井由吉「先導獣の話」を中心に――

石曽根 正勝

〈エネルギー〉と〈エコノミー〉
――村上龍における〈群衆〉――

立尾 真士

【講演】
人はどのように群れてきたのか
――80年代から現在までの小説について

陣野 俊史

閉会の辞 代表幹事 阿毛 久芳

司会 大谷 哲・宮澤 隆義

※ 大会終了後、懇親会を予定しています。なお、懇親会のご予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。
※ 10日(日)には文学踏査を予定しています。詳細は末尾をご覧下さい。

【講演者紹介】陣野 俊史(じんの・としふみ)
1961年、長崎県生まれ。文芸評論家、フランス文学者。現代フランス文学評論・翻訳、現代日本文学評論、ロックやラップ等の音楽・文化批評、サッカー批評を行う。早稲田大学第一文学部日本文学科卒、明治大学大学院博士課程単位取得退学。現代社会の動向と、小説や音楽活動、スポーツとの間にいまだ語られていない接点を読みとる批評活動を展開している。主な著書に『世界史の中のフクシマ―ナガサキから世界へ』『フランス暴動―移民法とラップ・フランセ』『じゃがたら増補版』『渋さ知らズ』『ヒップホップ・ジャパン』(共に河出書房新社)、『戦争へ、文学へ―「その後」の戦争小説論』(集英社)、『龍以後の世界―村上龍という「最終兵器」の研究』(彩流社)、『フットボール都市論―スタジアムの文化闘争』(青土社)、『ソニック・エティック―ハウス・テクノ・グランジの身体論的系譜学』(水声社)など。その他、翻訳書に『フーリガンの社会学』『ジダン』(共訳、共に白水社)などがある。2013年2月まで『文学界』に評論「文学へのロングパス」を連載。

【発表要旨】

荒野の群衆――開高健「ロビンソンの末裔」――

峯村 康広

「ロビンソンの末裔」は敗戦直後、北海道開拓に入った人々を「私」の目を通して語るという体裁の小説である。すでに指摘があるように、開高の作品にはよく群衆が現れる。「ロビンソンの末裔」も敗戦直前の上野駅構内で出発を待つ群衆が映し出されることで物語の幕があく。彼らは混沌としてまとまりがないのだが、灯火管制(戦時体制)下ではひとまず従順である。もっとも各開拓部落に入植するたびに人々は分断され自然の中に埋没し、群衆は一旦消滅する。作品後半、再び姿を現した群衆は開拓地の状況改善するために組合を作って行政を動かそうとする。陳情運動はうまくいって臨時予算の支出に成功するのだが、結局開拓民らは村から遁走してしまう。ついに土壌が改善されなかったからなのだが、土を媒介にして生まれた群衆はこうして再び解体する。だが他の仲間が逃げ出したにもかかわらず、「私」は開拓地に残り続ける。ここには群衆に対する個の身体の問題が表出しているように思われる。以上のような観点から作品を読み進めたい。
(日大豊山・大東文化大学非常勤講師)

〈一揆〉の表象――群衆を描くとはどういうことか?

石川  巧

エドガー・アラン・ポー「群集の人」がそうであるように、文学は都市生活者の孤独と不安をかきたてる〈影〉として群衆を捉えてきた。群衆はその一様性と集合エネルギーにおいてある種の脅威をもたらす存在だったかもしれないが、文学の関心はもっぱら雑踏のなかを彷徨する単独者の内面に向けられ、その表象を映画や写真に譲ってきた。逆にいえば、文学が射程とする領域には群衆などいなかったし、それを描く方法もなかったということかもしれない。だが、1950年代後半から1960年代にかけて激化した労働運動、安保闘争、大学紛争などを通して、〈影〉に過ぎなかった群衆はリアルなものに転化した。市民が国家権力に抗うためには組織的闘争を展開することが必要であるという認識が正当性を獲得していく状況を目のあたりにした作家たちは、若者のデモや暴動を封建時代の百姓一揆と重ね合わせ、歴史小説の方法でそれを可視化しようと試みた。西野辰吉『秩父困民党』から大江健三郎『万延元年のフットボール』まで、数多くの作品において、自ら群衆のなかに身を投じる若者を描いた。本発表ではそうした観点から問題編成を試み、群衆を描くということはどういうことなのかを考えたい。
(立教大学)

群れに躁ぐ、群れに醒める――古井由吉「先導獣の話」を中心に――

石曽根 正勝

60年代末期、学生運動がたけなわな頃、デビュー間もない古井由吉は群衆というものに惹かれつつ畏れを抱く小説を書き継いだ。群衆は学生運動の集団だけではない。通勤ラッシュ、盆踊り、戦中の空襲訓練、キャンプファイアーに集う人々。それら様々な群衆に敏感に反応しつつ、けれど群れることの熱狂から一歩引いている。熱狂がもたらす様々な無残を想起する。この群れの様相を共同性と呼んでみよう。
群れの共同性を忌避した存在は、どこへ向かっていくのか。それが70年代の古井が突き詰めたモチーフでもある。それら小説では、血縁・地縁といった共同性を積極的に忌避した、無縁から始まる個の新たな関係性を語ろうとする。その関係性を(新たな)公共性と呼んでみよう。しかしその公共性は行き詰まる。
古井の小説が畏れた群れの共同性、その小説が志向した公共性とはいかなるものか。発表では「先導獣の話」「円陣を組む女たち」「不眠の祭り」(以上『円陣を組む女たち』収録)『櫛の火』『栖』『山躁賦』を俎上にあげる。
(会社員)

〈エネルギー〉と〈エコノミー〉――村上龍における〈群衆〉――

立尾 真士

既存の社会構造や規範への違和を描く村上龍の小説において、人間の〈エネルギー〉はそれらシステムへの抵抗力として表象されてきた。また近年、彼がそうした〈エネルギー〉とともに、経済力学=〈エコノミー〉を特権的に捉えていることは周知の通りである。
では〈群衆〉は、村上龍文学においていかなる位置にあるだろうか。例えばそれは、ある場所では暴発する〈エネルギー〉の象徴として表象されるが、別の場所では既存のシステムに盲目的に従う、〈エネルギー〉を欠いた存在と見なされる。或いは、新たな〈エコノミー〉を創出する〈群衆〉がいる一方で、〈エコノミー〉の変遷に翻弄されるだけの〈群衆〉も存在する。端的に言えば、村上龍のテクストにおける〈群衆〉は決して一面的には捉え得ない。
本発表では、『愛と幻想のファシズム』や『希望の国のエクソダス』などで表象される〈群衆〉、彼ら/彼女らにおける〈エネルギー〉・〈エコノミー〉のあり方に着目した上で、村上龍文学の〈群衆〉とシステムとの錯綜的な関係について考察したい。
(亜細亜大学)

11月10日(日)
文学踏査 ~乱歩と不木、日本探偵小説の源流を追って~
〈午前の部〉午前10時、JR名古屋駅中央口改札前集合(一部タクシー利用)
蟹江町歴史民俗資料館・鹿島神社文学苑見学/小酒井不木を育んだ水郷
〈午後の部〉午後2時、JR鶴舞駅公園口改札前集合
鶴舞公園・大須探訪/不木・乱歩の軌跡と、〈都市〉としての名古屋

***********************************************
文学踏査について追加のお知らせです。(10月22日追記)
(1)10日の文学踏査の昼食については前日の大会の際に申し込みを受け付けます。
(2)名古屋市内のホテルはかなり混んでおりますが、桑名、刈谷、岐阜など、名鉄や近鉄、JRで移動できる距離のホテルにまだ空きがあるようです。ご検討下さい。
***********************************************

2013(平成25)年度 昭和文学会 春季大会【特集:〈文学裁判〉という磁場】

会場 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー1階 1012教室
〒101―8301 東京都千代田区神田駿河台1―1
大学代表 ℡(03)3296―4545
日時 6月8日(土)午後1時より

案内状pdf
地図pdf

 

特集 〈文学裁判〉という磁場

研究発表
チャタレイ裁判と戦争

鳥羽 耕史

〈猥褻〉をめぐる断層
――澁澤龍彥・野坂昭如の闘争方針――

安西 晋二

モデル小説裁判とプライヴァシーの昭和・平成史

日比 嘉高

講演
文学とわいせつ文書
――サド裁判を中心に

中村 稔

閉会の辞

代表幹事 阿毛 久芳

司会 尾形 大・小谷 瑛輔

 

※大会終了後、総会と懇親会を予定しています。なお、懇親会のご予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。
 
講演者紹介】中村 稔

一九二七年埼玉県生。父はゾルゲ事件の予審判事を務めた裁判官。東京大学法学部卒業。詩人、弁護士。日本近代文学館名誉館長。著作権事件に多く関与し、「知財の中村」と称される。一九四四年一高に入学。一九四六年一高の校内誌『向陵時報』に詩を掲載し、中村光夫に注目される。同年、雑誌『世代』に参加。一九五〇年第一詩集『無言歌』(書肆ユリイカ)を刊行。創元社版『中原中也全集』(一九五一年)の編集に参加。一九五五年評論『宮沢賢治』(ユリイカ)を刊行。一九六一~六九年「サド裁判」で『悪徳の栄え(続)―ジュリエットの遍歴―』(現代思潮社)の訳者澁澤龍彥と発行人の弁護人を務める。一九六七年第三詩集『鵜原抄』(思潮社)にて高村光太郎賞を受賞。一九七三~九三年「智恵子抄裁判」で原告の弁護人を務める。一九七七年第四詩集『羽虫の飛ぶ風景』(青土社)にて読売文学賞を受賞。二〇〇四~一二年『私の昭和史』全五巻(青土社)を刊行。

 

発表要旨】 

チャタレイ裁判と戦争
鳥羽 耕史

伊藤整訳『チャタレイ夫人の恋人』は、幾重にも戦争と抑圧の影をまとっている。戦前に出版された削除版でさえ、傷痍軍人の妻の姦通というテーマ自体は大きなインパクトを持っていたため、危険を考えた伊藤は戦時中の再版の申し出に応じなかったという。言論の自由を保障した新憲法の下、小山書店から出版された完全版は、しかし朝鮮戦争の開戦と同時に起訴され、その休戦協定までの間に、小山のみ有罪の第一審判決と、両者有罪の第二審判決を受けることになった。その起訴にあたっては出版物風紀委員会という短期間のみ存在した組織が役割を果たし、公判の過程ではGHQ書簡を証拠採用するかどうかが大きな争点となった。こうした問題については、近年、国内外の研究において、新たな照明が当てられるようになってきている。ここでは、そうした動向を踏まえた上で、この裁判を戦争との関係から捉え直し、再考してみたい。

(早稲田大学文学学術院教授)

 

〈猥褻〉をめぐる断層――澁澤龍・野坂昭如の闘争方針――
安西 晋二

サド裁判係争時、言論・表現の自由や文学作品の芸術的社会的価値を主張する弁護団と、〈猥褻〉自体の主観性を問う澁澤龍彥との間には思想的な隔たりがあった。また、四畳半襖の下張裁判の直前に行われた、澁澤と野坂昭如との対談でも、裁判における言論・表現の自由の主張が批判的に捉えられ、それとは異なる闘争方針が語り合われている。ここには、刑法一七五条によって定められた〈猥褻〉概念、あるいは〈猥褻〉という概念自体をどのように受け止め、批評するかといった問題が胚胎している。このような〈猥褻〉概念をめぐる文学裁判の影響は、両者の創作においていかなる形で結実したのか。そこから見えてくる作家としての姿勢は、文学裁判が背負わされる構図やメディアによって流布される被告としての役割とは、必ずしも一致してはいない。それを、澁澤龍彥・野坂昭如の対談をはじめ、裁判と平行して発表された彼らのエッセイや小説を手がかりにあらためて検討したい。

 (國學院大學兼任講師)

 

モデル小説裁判とプライヴァシーの昭和・平成史
日比 嘉高

文学と司法の交点の一つであるいわゆる「文学裁判」を、法権力が文学を抑圧し、文学がそれに抵抗(あるいは逃走)する、というような図式で捉えることからは、抑制的であろうと思う。そうではなく、裁判という場を、文学者、文学の表現、文学的慣習、法律、法律家、法的慣習、ジャーナリズム、原告・被告の意志、「社会の常識」などといったさまざまな要因がからみあい、葛藤し合う空間として考えよう。とすれば、昭和・平成におけるさまざまな「文学裁判」の連鎖から見えてくるのは、文学と法と「常識」をめぐる、人々の感性と文化的慣習の変化であるはずだ。この発表では、三島由紀夫「宴のあと」裁判から柳美里「石に泳ぐ魚」裁判、そしてそれ以降の状況を大きく見渡す構えを取りつつ、個別論点として一九八〇~九〇年代に争われた二つの文学作品をめぐる裁判――高橋治「名もなき道を」、清水一行「捜査一課長」――を取り上げる。(なお「宴のあと」「石に泳ぐ魚」については既発表の論考があることをお断りする。)

(名古屋大学大学院准教授)

第52回 昭和文学会 研究集会【特集:昭和文学と〈監禁〉の欲望】

2013(平成25)年度

第52回 昭和文学会 研究集会

会場 白百合女子大学 一号館三階一三〇八教室「ポルタ・チェーリ」

〒182-8525 東京都都調布市緑ヶ丘1―25

日時 5月11日(土)午後2時より

案内状pdf
地図pdf

特集 昭和文学と〈監禁〉の欲望

研究発表

監禁と脱走の『犬神博士』

――脱走の鍵としての(ドグラ)魔術(マグラ)――   今井 秀和

安部公房『箱男』論

――見ることと見られることの関係をめぐって――  片野 智子

現代文学における監禁する/監禁される関係について

――平野啓一郎『決壊』を手がかりに――  種田 和加子

司会 清水潤・滝上裕子

(質疑は、3名の発表の終了後に合同で行います。)

※ 研究集会終了後、懇親会を予定しておりますので、皆様、ふるってご参加下さい。なお、懇親会のご予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。

発表要旨】

監禁と脱走の『犬神博士』――脱走の鍵としての(ドグラ)魔術(マグラ)――  今井 秀和

何者かによって個人の自由が奪われた状態を〈監禁〉と呼ぶならば、夢野久作の世界は実に多様な〈監禁〉に満ち溢れている。『犬神博士』は、国士集団筑前玄洋社、官憲、博徒などの権力が、チイ少年(後の犬神博士)を支配せんと〈監禁〉を目論む物語である。チイの育ての親たる放浪の旅芸人男女からして、彼を暴力で支配する〈監禁〉者であった。しかしチイは、それら全ての〈監禁〉から脱走し続ける。そして物語の後半、彼の脱走の〝鍵〟となるのが、玄洋社の暴徒から付けられた〝幻魔術(ドグラマグラ)使い〟という属性であった。チイはその二つ名を逆手にとって更なる脱走劇を繰り広げる。一方、『犬神博士』の後に書かれた長編『ドグラ・マグラ』は、主人公、そして読者を幻魔術に巻き込み〈監禁〉する物語だったと言える。夢野文学における〈監禁〉は一体何を指し示すのか。幻魔術というキーワードを手がかりに、『犬神博士』を新たに読み直したい。

(大東文化大学非常勤講師・蓮花寺佛教研究所研究員)

安部公房『箱男』論――見ることと見られることの関係をめぐって――  片野 智子

今回の発表では、安部公房の他の作品とも関わらせながら、『箱男』に描かれた、都市という場における視線と監視の問題を中心に考えたい。段ボール箱を被り都市を徘徊する箱男は、見られることなく他者を一方的に見つめることが出来るという点において、都市に蔓延る監視の視線をかいくぐり、絶対的な匿名性を獲得しているかに見える。しかし自らを箱の中に監禁する箱男もまた、都市の監視の視線に縛られている。その視線はどこから来るものなのか、そこから抜けだす術はあるのか。また、『箱男』では〈見る―見られる〉という問題と書くという行為が深く関係している。箱男はもう一人の箱男に出会うことによって、書いている自己と書かれている自己のズレに気付く。贋箱男を告発するための「ノート」が、自己を監視し、やがて「遺書」として自己を処罰するためのものへと転換していく。それは一体何故なのか。そうした視線と監視と書くことの関連性を中心に考察することで、現代にまで通用する『箱男』という作品の持つ可能性を示したい。

(学習院大学大学院生)

現代文学における監禁する/される関係について――平野啓一郎『決壊』を手がかりに――  種田 和加子

近代化の過程で発明され「洗練され」た学校、病院、警察など「教育―調教(検閲―治療)」のシステムは、「主体」をたちあげることに成功したかにみえるが、平野は一連の作品で「個人」「主体」を維持しつづけることに現代人が倦みはてていることを問題化してきた。『決壊』(二〇〇八年)にみられる監禁の欲望とはネット社会で少しばかり解放されようと思っていた沢野崇の弟(良介)や中学生北崎友哉を検閲しているまなざしであるが、それは、家族、「悪魔」、匿名の存在、犯罪を犯す少年たちの穿視願望の総体であり、誰の欲望とは断定できない。また、弟殺しの冤罪で警察が兄崇を拘束し続ける恫喝的な言葉や拷問的な心理作戦も監禁の欲望にほかならない。沢野崇と弟良介をめぐる現代のカインとアベルの物語ともいえるこの作品を通して監禁する、される双方向の欲望のねじれやゆがみ、ずれについて考察する。

(藤女子大学)