カテゴリー別アーカイブ: 2012年度

【お知らせ】第51回 昭和文学会 研究集会

2012(平成24)年度
第51回 昭和文学会 研究集会
会場 慶應義塾大学(三田キャンパス) 西校舎1階513教室
〒 108―8345 東京都港区三田2―15―45
日時 12月15日(土)午後2時より

【研究発表】
〈共に〉あるということ
――宮澤賢治「土神ときつね」論
村山 龍

『詩歌翼賛』第二輯と「雨ニモマケズ」
――総動員体制下における〈宮沢賢治〉の価値をめぐって
構 大樹

想像/創造される「中国」
――村上春樹「中国行きのスロウ・ボート」論――
柿﨑 隆宏

司会 石川 偉子・土屋 聡

※ 研究集会終了後、懇親会を予定しております。今回は、会場校の慶應義塾大学にご協力いただき、気軽に参加しやすいかたちで開催致します。ふるってご参加ください。なお、懇親会のご予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。

【発表要旨】
〈共に〉あるということ
――宮澤賢治「土神ときつね」論
村山 龍

宮澤賢治「土神ときつね」は大正十二、三年頃に書かれたと考えられている生前未発表の作品である。一本の美しい樺の木をめぐる土神と狐の物語は近代と反近代の相克を示す寓話と読まれることが多い。確かに登場人物に付与された性格はテクストをアレゴリーとして読むことを可能とするだけの振幅を持つものであるし、原稿表紙に土神を「退職教授」、狐を「貧なる詩人」、樺の木を「村娘」とする賢治の推敲メモが残されていることもまた積極的にテクスト外のイメージを持ち込む要因となっている。しかし推敲メモを重視するならば「寓話よりも/蓋ろ(ママ)シナリオ風の/物語―」と書き込まれていることも無視してはならない。そこで本発表ではアレゴリーとして読む先行研究の成果を継承しつつも、テクストに含まれた要素とそれを語る語り手の方法との連関を探ることによって土神と狐、樺の木が構築している関係性を再考する。これによって彼らがその関係性に不満を持ちつつもなぜ離れられないのかを明らかにし、そうした状況が持ちうる意味について考察を加えていきたい。
(慶應義塾大学大学院生)

『詩歌翼賛』第二輯と「雨ニモマケズ」
――総動員体制下における〈宮沢賢治〉の価値をめぐって
構 大樹

大政翼賛会文化部編『詩歌翼賛』第二輯(目黒書店、一九四二)には宮沢賢治「雨ニモマケズ」が採録された。作者生前にはほとんど関心を向けられることがなかった賢治テクストは、ここにおいて国家的なお墨付きを得るまでに至ったのである。賢治受容史において無視することができない〝事件〟であると言える。従来、『詩歌翼賛』第二輯によって「雨ニモマケズ」を中心とする〈宮沢賢治〉イメージが広範囲に流布したとされている。しかし一方で、そこに採録されるという現象がなぜ生じたのか、という検討は未だ進んでいない。「雨ニモマケズ」あるいは〈宮沢賢治〉は何が焦点化されることで、総動員体制下に相応しいと見なされたのか。本発表では『詩歌翼賛』に期待された役割、その中での「雨ニモマケズ」の位相を確認し、次いでそれまでに形成された賢治テクストの価値を浮き彫りにすることで、『詩歌翼賛』と「雨ニモマケズ」が交差する際に働いた力学を解き明かしていきたい。
(東京学芸大学大学院生・日本学術振興会特別研究員)

想像/創造される「中国」
――村上春樹「中国行きのスロウ・ボート」論――
柿﨑 隆宏

村上春樹の「中国行きのスロウ・ボート」は、「僕」が出会った在日の中国人に関する記憶が語られる作品である。枠物語の構造を備えた小説の末尾で、中国人との記憶を語ってきた「僕」は、「僕のための中国」、言わば想像上の「中国」を語り出す。本作の評価について、「僕」を日本、三人の中国人を中国とそれぞれの国家を暗喩的に表出する存在と見なす傾向がある。しかし「僕」が中国人との記憶を語る際、「僕」と対比するように他の日本人への言及がなされており、「僕」は他の日本人と異なる位置づけがなされていると考えられる。また物語終盤の「おい、ここは僕の場所でもない」(傍点原文)という独白を含意すれば、日本という共同体との問題へと接続され得ると考える。前述のような問題を孕む「僕」と、日本社会において他者的な存在である在日の中国人の双方に共通する日本との関係を考察し、その上で作品の結末部に描かれる「僕のための中国」を想像する行為から読み取れる問題について検討したい。
(九州大学大学院生)

【お知らせ】2012(平成24)年度 昭和文学会 秋季大会

会場 早稲田大学 早稲田キャンパス16号館 106教室
〒 169―8050 東京都新宿区西早稲田1―6―1
日時 11月17日(土)午後1時30分より

特集 「詩」と大量消費
開会の辞
早稲田大学教育学部 千葉 俊二

【講演】
庶民意識の突出
――一九六〇年代から七〇年に掛けての鈴木志郎康の詩
鈴木 志郎康

【研究発表】
反芻される「荒地」
宮崎 真素美
「言葉の喜び」
――対大衆の言語戦略、谷川と入沢を視座に
大塚 常樹
六〇年代詩と七〇年代以後のポップス詞
――渡辺武信と松本隆を中心に――
瀧田 浩

【シンポジウム】
「詩」と大量消費
ディスカッサント 佐藤 健一
司会 浅野 麗・佐藤 元紀
閉会の辞
代表幹事 阿毛 久芳
※ 大会終了後、懇親会を予定しています。

【講演者紹介】鈴木 志郎康(すずき・しろうやす)
一九三五年、東京都江東区亀戸生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。詩人、映像作家。早稲田大学在学中の一九五九年に高野民雄と詩誌「青鰐」を発行。大学卒業後の一九六一年から一九七七年までNHKに映画カメラマンとして就職しながら詩作を重ねる。一九六三年第一詩集『新生都市』(新芸術社)を刊行。翌年より天沢退二郎、渡辺武信らと詩誌「凶区」を発行し、一九六七年には第二詩集『罐製同棲又は陥穽への逃走』(季節社)を刊行。同詩集にて一九六八年に第一八回H氏賞を受賞。一九七一年第三詩集『家庭教訓劇怨恨猥雑篇』(思潮社)、一九七四年に第四詩集『やわらかい闇の夢』(青土社)、一九七六年第六詩集『見えない隣人』(思潮社)など毎年のように詩集を刊行、詩集24冊。一九七五年映像作品『日没の印象』から個人映画作品を作り始める。『15日間』など49作品。一九八二年阿部岩夫、藤井貞和、八木忠栄たちと月二回発行の詩誌「四」を発行し、八三年に吉増剛造、ねじめ正一たちを加えて十一人の詩誌「壱拾壱」を発行。一九九〇年多摩美術大学美術学部二部芸術学科教授に就任、二〇〇六年組織改編した造形表現学部映像演劇学科を定年退職。
近年では二〇〇一年の第二二詩集『胡桃ポインタ』(書肆山田)にて第三二回高見順賞を受賞し、二〇〇八年に第二三詩集『声の生地』(書肆山田)にて第一六回萩原朔太郎賞を受賞。また、二〇〇九年には一九五八年から一九七一年の初期詩集、未刊行詩篇をまとめた『攻勢の姿勢』(書肆山田)を刊行する。その他の著作品として小説集、評論集、ルポルタージュ、写真集などがある。

【発表要旨】
反芻される「荒地」
宮崎 真素美
敗戦後十年を経たあたりから詩作の原動力を減退させた鮎川信夫、それと入れ替わるように、『ひとりの女に』でH氏賞を受賞し、続々詩集を刊行し始める黒田三郎、その黒田と同じく六〇年代まで大手マスメディアに勤続した北村太郎と中桐雅夫。「荒地」派としての詩集・詩論シリーズを終えた彼らの高度経済成長期は、いっそう個性的である。そして、彼らのかつての語彙は、『暴走』『凶区』で六〇年安保をめぐる「死」を抽象的に描く渡辺武信、安保闘争と戦争のイメジを架橋する野沢暎らに流れ込んでもいる。『詩学』の時評を担当する一方で展開される「荒地」批判、金子光晴から谷川俊太郎にいたる詩人らの大座談会における「荒地」評価と、浮かびあがる谷川らの新たな感覚。「荒地」派はさまざまな局面で反芻され、影響を確かめられ、乗り越えられようとしている。彼らを相対化しようとする多彩な「ことば」の群れから、この期の「詩」について照らしてみたい。
(愛知県立大学日本文化学部教授)

「言葉の喜び」――対大衆の言語戦略、谷川と入沢を視座に
大塚 常樹
詩芸術には相反する二面がある。言語機能の可能性を追究すれば前衛的で難解な詩にならざるを得ず、人々との共有を追究すればやさしい表現や日常的な感受性に縛られる。この二面性を視野に入れて、本発表では、共に1931年生まれの谷川俊太郎と入沢康夫を取上げ、驚異的な経済成長を遂げて経済大国に昇り詰め、豊かな大衆社会が訪れた1960年代に、二人の取った言語戦略を検証する。『二十億光年の孤独』(1952)で戦争の影響が見られない新しい感性の担い手として登場した谷川は、個性と孤立を標榜して庶民から乖離した近現代詩を批判し、民謡や童唄などの言葉の楽しさや庶民の感覚を重視し、作詞やシナリオライター、音楽とのコラボなど、多才な活動をし、60年代後半に反戦的なフォークソングの中で好んで取上げられ、国民的な詩人となっていった。彼にとって詩の原点は皆が共有出来る「言葉の喜び」であり、考える詩より歌える詩なのだ。一方で入沢は『わが出雲・わが鎮魂』(1968)で、詩に語りを持ち込み、作者と語り手、読者を分離し、引用のモザイクというインターテクスト的構造を導入した。入沢の言語戦略も、言葉のもつ多重多層的な可能性の追究、「未確認飛行物体」としての「言葉の喜び」なのだ。
(お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授)

六〇年代詩と七〇年代以後のポップス詞――渡辺武信と松本隆を中心に――
瀧田 浩
はっぴいえんど『風街ろまん』(一九七一年)における〈風〉と〈街〉は渡辺武信の触発によって書かれえたのだろうと、松本隆は回想する。そこには渡辺が松本に送った「君とぼくは風を共有している」という一節も紹介されているが、たとえば、松本の「風をあつめて」と渡辺の「遠ざかる音たち」を読めば、世界観と感性の共振性はあきらかだろう。
風の詩人と風の作詞者は一九七〇年頃に交差している。その後、隆盛した六〇年代詩の推進者のひとり渡辺は寡作になり、松本は七〇年代以後のポップス(ロック・ニューミュージック・歌謡曲)詞作者として活躍を続けた。イデオロギーの抑圧から解き放たれたポップスは、拡散する欲望に応じて多様に大量に消費されながら、多くの都市生活者にとって自由恋愛の模範、孤独の癒し手、夢の支援者、欲望の解放者などの役割を担った。
本発表は、現代詩とポップスで異なる、受容者(読者・リスナー・オーディエンス・サークル会員・投稿者等)の問題を起点としておこなう。発信主体と受容者をつなぐメディアとの問題もからめ、これまでとは異なる角度から検討してみたい。
(二松学舎大学文学部教授)

【企画の趣旨】渡辺武信『移動祝祭日―『凶区』へ、そして『凶区』から』(二〇一〇年)をはじめ、六〇年代の詩を捉え直す仕事が積み重なりつつある現在、六〇年代の詩を研究対象とする時期が来たようにも思う。近年、谷川俊太郎は「詩はどこへ行ったのか」(二〇〇九年)において、今日の「詩」が娯楽・文化にまで拡散/瀰漫したことを、いくぶん批判的に述べた。この発言は、六〇年代に萌した「詩の拡散」が飽和状態に達した現在、あらためて言葉による表現の可能性を探ろうとしたものだろう。かつて「歌の中にも、スリラー映画の中にも、ストリップショウの中にさえ詩をすべりこませることは出来る」(「世界へ!」一九五六年)とし、「詩の拡散」を実践したはずの谷川の発言を一つの手がかりにすると、六〇年代の詩はどのようにみえるか。大量消費が言葉を押し流していくなかで「詩」の言葉がいかに変質したか、また、「歌」や「映画」に「すべりこ」んだ「詩」の言葉がいかに拡がり、いかなる可能性を持ったか。「荒地」以来の戦後詩の歴史的展開、大量消費社会の成熟を視野に入れ、「詩」の言葉を読み解く作業を通して新たな研究展望をひらきたい。
講演と各研究発表の後、ディスカッサントとして佐藤健一氏(日本大学商学部)に加わっていただき、シンポジウムを行う。会場の積極的なご参加を願いたい。
(司会)

【お知らせ】2012(平成24)年度  昭和文学会 春季大会

2012(平成24)年度

 昭和文学会 春季大会

会場 東洋大学 白山キャンパス6号館B1 6B12教室
〒 112―8606 東京都文京区白山5―28―20
日時 6月9日(土)午後1時30分より

特集 ノンフィクションという手法
開会の辞

東洋大学文学部長 中山 尚夫

研究発表
フィクションとノンフィクションの境界
――松本清張「『スチュワーデス殺し』論」と『黒い福音』

大塩 竜也

「小説家」の「ルポルタージュ」
――中上健次『紀州 木の国・根の国物語』

須賀 真以子

『無名』と名づけること
――沢木耕太郎と「私小説」

山内 洋

講演
私のノンフィクション術と小説作法

髙山 文彦

閉会の辞

代表幹事 日高 昭二

司会 守屋 貴嗣・吉田 恵理

※  大会終了後、総会と懇親会を予定しています。

講演者紹介】髙山 文彦(たかやま・ふみひこ)

一九五八年、宮崎県高千穂町生まれ。法政大学文学部中退。一九九九年刊の『火花 北条民雄の生涯』(飛鳥新社、のちに角川文庫)で、第三一回大宅壮一ノンフィクション賞と、第二二回講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『「少年A」14歳の肖像』『水平記 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年』(共に新潮文庫)、『ネロが消えた』(飛鳥新社)、『あした、次の駅で。』(ポプラ文庫)、『孤児たちの城 ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人』(新潮社)、『鬼降る森』『父を葬(おく)る』(共に幻戯書房)、『エレクトラ 中上健次の生涯』(文春文庫)などがある。また、二〇一〇年八月二〇・二七日合併特大号から二〇一一年五月二〇日号まで、「週刊ポスト」にて連載した「糾弾 部落差別ハガキ自作自演事件はなぜ起きたか」を『どん底 部落差別自作自演事件』と改題し刊行。

発表要旨】

フィクションとノンフィクションの境界――松本清張「『スチュワーデス殺し』論」と『黒い福音』

大塩 竜也

 本発表は、フィクションとノンフィクションの線引きをするものとは何かを解明していくことを目的とする。その際、一つの事件をフィクション、ノンフィクションの両手法を用いて描いていった松本清張の諸作に注目することは有効であろう。特に、清張がノンフィクション執筆を増していくきっかけとなった「『スチュワーデス殺し』論」(昭和三四年)は直後に小説として発表された『黒い福音』(昭和三四~三五年)との関係から検討材料に富み、これまでも両者を比較する論考は行われてきた。しかし、従来は『黒い福音』に比重が置かれ、何が「『スチュワーデス殺し』論」をノンフィクションたらしめ、何が『黒い福音』を小説だと決定していったのかについてはあまり触れられなかった。そこで本発表ではノンフィクション(またはフィクション)として読ませる出版戦略と、ノンフィクション(またはフィクション)として読む受容の関係を整理し、両者の境界線となるものが何かを明らかにしていく。

(日本体育大学非常勤講師)

「小説家」の「ルポルタージュ」――中上健次『紀州 木の国・根の国物語』

須賀 真以子

 『紀州 木の国・根の国物語』は、中上健次の唯一の「ルポルタージュ」であるが、ルポルタージュというジャンルに必ずしも当てはまらない異質性が従来より指摘されてきた。本発表では、「小説家」という自己規定を絶えず繰り返す作中の記述から、作中に頻出する「事実、事物」という言葉が、「小説家」にとっての「事実、事物」であることに着目したい。すなわち、作中の「事実、事物」は、「小説家」が「事実、事物」を捉えようとする行為そのもの、思考し、逡巡する過程そのものを含んでおり、それは時に客観的事実や現実とは異なる相貌を見せ、他者の「事実」と食い違う。「小説家の眼」というメタレベルの枠組を、描かれる対象である「事実、事物」に組み入れた「ルポルタージュ」として、『紀州 木の国・根の国物語』は、どのような「事実、事物」を読み手に提示するのか。「語り書く」という手法の解明と併せ、書記行為の自己言及性という観点から論じたい。

(お茶の水女子大学大学院生)

『無名』と名づけること――沢木耕太郎と「私小説」

山内 洋

かつて篠田一士が『ノンフィクションの言語』の中で、これまで日本に読むべきノンフィクション作品が少なかったのは「いわゆる〈私小説〉、あるいは〈私小説〉まがいの現実模写を事とする小説が日本の常道になっていた」ために、「〈私小説〉的ノゾキ趣味が跋扈し、小説とも、ノンフィクションともつかない、得体の知れない読み物が書かれてきた」からだという意味のことを語ったことがある。一方で慧眼の篠田は『テロルの決算』を書き上げたばかりの沢木をいちはやく称揚していた。だとすればその後も絶えず「ノンフィクション」の新しい可能性を拓き続けた沢木が、やがて『檀』や『血の味』を著し、そして少なくとも外見上は「私小説」「心境小説」によく似た『無名』にたどり着いたことは、篠田ならずともきわめて興味深い事実である。本発表は沢木耕太郎の「超越的なもの」への飢餓感とその抑制とを手がかりに、この作家の帰趨の必然性を解き明かしながら、「ノンフィクション」「私小説」とそれぞれ呼称される表現方法の初志及び理想にも、あらためて幾何か触れ得る機会となることを目指したい。

(大正大学文学部人文学科特命准教授)

【お知らせ】第50回 昭和文学会 研究集会

会場 大正大学 10号館2階1021教室
〒 170―8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
日時 5月12日(土)午後2時より

特集 戦後文学と翻訳
【研究発表】

「壁――S・カルマ氏の犯罪」に見る安部公房のカフカ受容
――花田清輝訳『カフカ小品集』を視座として

丁  熹貞

福永武彦とボードレール翻訳

西岡 亜紀

福田恆存の〈翻訳―批評―実作〉
――『カクテル・パーティー』と『龍を撫でた男』をめぐって

浜崎 洋介

司会 時野谷ゆり・戸塚学

※ 研究集会終了後、懇親会を予定しております。今回は、会場校の大正大学にご協力いただき、気軽に参加しやすいかたちで開催致します。ふるってご参加ください。なお、懇親会のご予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。

【発表要旨】

「壁――S・カルマ氏の犯罪」に見る安部公房のカフカ受容

――花田清輝訳『カフカ小品集』を視座として

丁  熹貞

 人間が人間以外の存在にかたちを変えるというモチーフと関連して、安部公房の初期作品にカフカからの影響を見出そうとする試みは今まで断続的になされてきた。ところが、その多くはテーマの類似性を認めながらも結果的にはカフカと安部の差異の指摘に収斂し、一次資料の検討の不十分さもあって未だに恣意的な解釈に留まっていると考えられる。本発表では一九五〇年九月、「世紀の会」のガリ版刷りパンフレット「世紀群」の第一作として刊行された花田清輝訳『カフカ小品集』に注目し、安部公房のカフカ受容を、花田清輝の翻訳によって形成されたカフカ像を経由するものとして捉える。『カフカ小品集』には六編の作品が収録されているが、底本(英訳)からどのような作品が選ばれているか、訳文にはどのような特徴があるのかを、適宜ドイツ語の原文を参照しつつ考察した上で、安部公房の初期代表作「壁――S・カルマ氏の犯罪」(一九五一)におけるカフカの影響について考え直してみる。以上を通して、作家の創作が外国文学の原文だけでなく、その翻訳によっても変容を被る可能性について検討したい。

(東京大学大学院生)

福永武彦とボードレール翻訳

西岡 亜紀

 福永武彦にとって「ボードレールを訳す」という行為は、その文学生活の伴走のようなものであった。大学在学中(四〇年前後)に渡辺一夫訳『人工楽園』の下訳を手伝って以降、戦中にも戦後の長期結核療養中にも断続的に翻訳は続けた。やがてそれは『パリの憂愁』の全訳(五七年)、人文書院版『ボードレール全集』の責任編集と第一巻の『悪の華』『パリの憂愁』全訳(六三‐六四年)に結実、西洋詩の自選集『象牙集』(六五年)の刊行へと続く。こうした持続的な翻訳行為ゆえに、福永の場合には、タイトルの共有からテーマへの深化まで、多様な次元でボードレール翻訳の影響が捉えられる。本発表では、福永の『冥府』(五四)、『忘却の河』(六四)、『幼年』(六七)等を取りあげ、『悪の華』『パリの憂愁』『人工楽園』等の翻訳との関係性の一端を紹介する。また、本年一月に行った学習院大学の弟子へのインタビューをもとに、福永のボードレール翻訳と教育との接点にも触れたい。

(東京経済大学)

福田恆存の〈翻訳―批評―実作〉
――『カクテル・パーティー』と『龍を撫でた男』をめぐって

浜崎 洋介

 昭和二十四年以後、福田恆存は次第に文芸批評から手を引き演劇活動へと転回していったが、その「転機」を用意していたのは西欧文学に対する批評とその翻訳だった。これまでも、福田の初上演戯曲『キティ颱風』の背後にはチェーホフ『桜の園』の影響が、また、福田の演劇論『芸術とはなにか』の背後にはD・H・ロレンス『黙示録論』の影響が指摘されてきた。が、昭和二十六年に福田自身が翻訳し、その批評まで書いているT・S・エリオットからの影響を指摘する言葉はほとんどない。本発表は、以上の経緯を踏まえ、昭和二十六年前後に取り持たれていた福田とエリオットの関係を整理し、エリオットの戯曲『カクテル・パーティー』の翻訳と批評を介して実作『龍を撫でた男』へと向かっていった福田の足取りを確認していきたい。そのなかで、福田恆存における〈翻訳―批評―実作〉の有機的連環と、そこで掴まれていた主題の今日的可能性を描き出せればと考えている。

(東京工業大学・日本大学非常勤講師)