カテゴリー別アーカイブ: 2011年度

【お知らせ】第49回昭和文学会研究集会

2011(平成23)年度

第四九回 昭和文学会 研究集会

会場 専修大学 神田キャンパス 七号館 3階 731教室

〒 101-8425 東京都 千代田区神田神保町 3-8

日時 12月17日(土)午後1時30分より

 

研究発表

 

中島敦「環礁―ミクロネシア巡島記抄―」論

――ステレオタイプな〈南洋〉表象との相剋――

杉岡 歩美

 

 

福永武彦「深淵」論

――主観的事実からうまれる同罪性――

稲垣 裕子

 

 

「精読者(リズール)」から「作家」へ

――三島由紀夫「花ざかりの森」論――

稲田 大貴

 

 

教化される感覚

――多和田葉子「犬婿入り」におけるローカリティ――

泉谷  瞬

 

 

司会 河合 恒・川原塚 瑞穂

 

 

※  研究集会終了後、懇親会を予定しております。今回は、会場の専修大学のご好意で構内に場所をご提供願い、より気軽に参加しやすいかたちで開催したく思っています。どうか皆さまふるってご参加ください。なお、懇親会の予約は不要、当日受付にてお申し込みください。

 

【発表要旨】

中島敦「環礁―ミクロネシア巡島記抄―」論──ステレオタイプな〈南洋〉表象との相剋──

杉岡 歩美

 中島敦生前最後の著作集『南島譚』(昭和十七年十一月十五日、今日の問題社)は、〈南洋〉を舞台にした「南島譚」や「環礁―ミクロネシア巡島記抄―」を中心とする十五作品を収めた短編集である。『南島譚』という書名は、今日の問題社の編集者、小川義信の手紙から、中島敦自身が決めたと推定できる。本発表では『南島譚』のうち、「環礁」の総題のもとに集められた作品を考察する。〈南洋〉における「私」の〈まなざし〉を規定づける小品『真昼』の作中で列挙される「ゴーガン」「ロティ」「メルヴィル」といった西洋人の視線が果たす役割、上野山清貢の洋画「サイパンにて」や安藤盛の流行歌など同時代に見られるステレオタイプな〈南洋〉表象の分析、中島の草稿や創作メモとの比較を通して、中島敦の〈南洋〉認識や創作の特色を明らかにしたい。

中島が〈南洋行〉で何を見出し、どのような作品を著したのか、その内実を検討する。

(同志社大学大学院生)

 

福永武彦「深淵」論──主観的事実からうまれる同罪性──

稲垣 裕子

 本発表は、福永武彦「深淵」(一九五四年)を中心に、戦後文学の表現方法の可能性について検討するものである。「深淵」は、作中人物の内的独白による回想形式から時間の再構成が試みられ、彼らの意識の流れを追う形で、物語が進行するという体裁をとる。

つまり、一組の男女の交情を、彼らの独白という形で交互に組み合せるため、初出時は全編が、女と男の主観的事実の提示にとどまり、客観的に何が起きたのか、或いは最終的にどのような結末に至ったのかは明示されなかった。ところが、単行本収録時には女が男に殺害され、その死体は遺棄されていた、という記事で結ばれる。

ただし、この記事が示す事実もまた、新聞記者から見た主観的事実に過ぎない。換言すれば女と男の独白さえ、それが本人にとっていかに真実であろうとも、客観的事実とは考え難いからだ。本発表では、福永の敬愛する森鴎外の翻訳小説「駆落」を新たに比較対象としつつ、一片の新聞記事によって生じた不条理な真相を窺う。同時に、男と女を取り巻く周囲の同罪性を明らかにし、最終的には福永の方法意識を問い直すものとしたい。

(大阪府立大学大学院生)

 

「精読者(リズール)」から「作家」へ──三島由紀夫「花ざかりの森」論──

稲田 大貴

 「花ざかりの森」結末部では、「伯爵夫人」の山荘を「まらうど」が訪う物語が示される。この箇所は「わたし」という語り手ではなく「透明な語り手」によって語られる。

この結末部については「透明な語り手として生成した「わたし」は、物語作者としては贋物」であり、「引用には頼らないオリジナルな物語」の「贋物」性が既に指摘されている(梶尾文武)。

しかしなぜ「わたし」は「贋物」の物語作者として、「贋物」の物語を語るのか。物語の契機について梶尾は「物語は幻滅ののちに、すでに終わった憧れへの追憶として訪れる」と述べる。しかし憧れとその幻滅の追憶、そして物語る行為へと至る道筋には断絶、飛躍があるのではないか。この所作から「わたし」という存在が何者であるかを見出しうると考える。本発表では物語の契機について考えつつ、この問いを明らかにし、「花ざかりの森」が「作者」生成に関する物語論としての可能性を持つことを提示したい。

(九州大学大学院生)

 

教化される感覚──多和田葉子「犬婿入り」におけるローカリティ──

泉谷  瞬

 第一〇八回芥川賞を受賞した多和田葉子「犬婿入り」(「群像」一九九二・一二)について、作者の育った東京都国立市が舞台のモデルとなっていることはほぼ明らかである。小説の設定と実際の空間を完全に同一視することは危険であるが、しかし国立市の歴史性を出発点として本作を読むことによって、具体性を伴った解釈を提示することも可能ではないのだろうか。汚物を忌避する共同体としての国立市への批判的意識を、多和田はエッセイや対談で度々露わにするが、その中でも作者が小学校で受けた「清潔さというのが何よりも大切」という教育は、物語展開と密接な関わりを持っていると考えられる。また、タイトルが率直に示すように、本作は「犬婿伝承」の民話を積極的に取り込んだ上で成立している。本発表では、この「民話」が持つ特徴を最大限に活用することで浮き出てくる作品の問題意識を論じ、そこに「教育」というキーワードを介入させていきたい。

(立命館大学大学院生)

【お知らせ】2011(平成23)年度 昭和文学会 秋季大会

会場 近畿大学 EキャンパスA館(文芸学部) 301教室
〒 577 ― 8502 大阪府 東大阪市 小若江3―4―1
日時 11月5日(土)午後1時30分より

特集 ベストセラーから考える ―七〇年代・文学の変容―

開会の辞

近畿大学文芸学部教授 浅野 洋

【研究発表】
サラリーマン小説の変遷から見る戦後日本社会
―源氏鶏太論

鈴木 貴宇

青春の変容―庄司薫から村上春樹へ

柴田 勝二

きまじめなエンターテインメント、おもしろいシリアス
―七〇年代児童文学が準備したもの―

宮川 健郎

【講演】
ベストセラーと私

中沢 けい

閉会の辞

代表幹事 日高 昭二

司会 帆苅 基生・松下 浩幸

※大会終了後、懇親会を予定しておりますので、皆様ふるってご参加ください。懇親会の予約は不要、当日受付にてお申込みください。

11月6日(日)午前11時00分より

文学散歩・織田作之助「木の都」を歩く―大阪上町台地

※詳しくは当日、会場にておたずねください。

【講演者紹介】中沢 けい(なかざわ・けい)
作家・法政大学教授。一九五九年、横浜市生まれ。千葉県立安房高等学校卒業。明治大学政治経済学部卒。一九七八年、小説「海を感じる時」で第二一回群像新人賞受賞。一九八五年、小説「水平線上にて」で第七回野間文芸新人賞を受賞。著書に『豊海と育海の物語』(二〇〇六年三月、集英社文庫)、『うさぎとトランペット』(二〇〇七年六月、新潮文庫)、『大人になるヒント』(二〇〇八年一〇月、メディアパル)、『うさぎ狩り(訳・金承福)』(二〇〇八年一一月、韓国・江出版)他多数ある。

【発表要旨】
サラリーマン小説の変遷から見る戦後日本社会──源氏鶏太論

 鈴木 貴宇

本発表は、昭和のサラリーマンに愛読された作家、源氏鶏太に焦点を当て、戦後日本社会におけるサラリーマンの心情を明らかにする。源氏の代表作は映画化もされた『三等重役』(一九五二)であるが、同作に描かれる明朗性が、現実からの逃避として解釈される傾向にあった。その様相は、社内恋愛の推奨によって育まれる「会社家族化」にあるが、雑誌連載時、当初の源氏が目論んだプロットは、占領終結と戦後の民主化を象徴する労働組合問題を描くことにあった。編集部の意向から、社内恋愛という糖衣が施された内容となり、それが源氏の作風として高度成長期のサラリーマンたちに愛読されていく。しかし、高度成長後の一九七〇年代に入ると、サラリーマンとして生きる苦悩と暗部をテーマとする作風になり、それが『幽霊になった男』(一九七〇)に集結する。今回の発表では、主に『三等重役』と『幽霊になった男』の二作を取り上げ、この間に日本社会が遂げた変容――高度成長前夜からその終焉まで――と、源氏の描くサラリーマン表象との相関性を指摘したい。
(早稲田大学、青山学院大学非常勤講師)

青春の変容――庄司薫から村上春樹へ

柴田 勝二

一九七〇年代は、高度経済成長であれ、その派生物としての反体制運動であれ、人々を総体的な次元で包摂し、そこに参与することによって無条件の充実や昂揚感がもたらされた六〇年代的な潮流が失われ、一人一人が自身の感性のアンテナにしたがって、自分の傾向や心性に叶った対象物を見出していく多様化の時代として展開していった。ロマン的な情念の昂揚を前提とする「青春」の概念も、こうした自己に適合した対象との間に親和的な関係を打ち立てるという方向に変化していく。村上春樹はそうした時代の様相をもっともよく捉えた作品世界を構築したが、それは六〇年代的なロマン主義に固執し、次第に作品を書きえなくなっていった庄司薫の四部作の世界を批判的に受け継ぐ形で成り立っている。またその間に登場した村上龍も、自身の肉体と外界との感性的な親和をもたらそうとすると同時に、それを覆す暴力への傾斜をはらんだ独特の世界を築き上げた。
(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)

きまじめなエンターテインメント、おもしろいシリアス――七〇年代児童文学が準備したもの――

 宮川 健郎

一九七〇年代の創作児童文学のベストセラーといえば、まず、灰谷健次郎の『兎の眼』(七四年)だ。青年たちや母親たちにもよく読まれ、やがて、大人むきの文芸書版も刊行された。児童文学が大人の読み物でもあるという今日のありかたの先駆けとなった教育小説だが、読者が「読んでいる間成功の雰囲気のなかに生きる」「きまじめなエンターテインメント」にすぎない(石井直人)という批判もある。七八年には、現在までに二千三百万部を売った、那須正幹『ズッコケ三人組』シリーズ(全五〇巻)の第一作が出た。『ズッコケ』は、デフォルメされた人物像と大げさな文章が特徴だけれど、時に「民主主義」「欲望と経済」「家族」「原爆」などなどの重要な主題をかかえこむ、いわば、「おもしろいシリアス」なのではないか。七〇年代のよく読まれた作品に関する考察を足場に、その後の現代児童文学の歩みをも見ていきたい。
(武蔵野大学教育学部教授)

【報告】昭和文学会2011春季大会 <土地・地域>のイメージ生成の再検討

  • 日時 2011年6月18日(土) 午後1時30分より
  • 会場 武蔵野大学 一号館 1102教室
    *昭和文学会会員以外の方でも、無料・申込不要にて参加できます。
  • 研究発表(司会 浅野麗・ 山根龍一)『浅草紅団』の断層 田口 律男織田作之助の〈大阪〉――土地を記述するということ 尾崎 名津子軽井沢と文学――理想郷を希求する言説空間―― 小松 史生子
  • 懇親会
    ※ 研究集会終了後、懇親会を予定しておりますので、皆様ふるってご参加下さい。

報告要旨

『浅草紅団』の断層

田口 律男

田口 律男『浅草紅団』には関東大震災とその復興の痕跡がいたるところに刻み込まれている。とくに「大正大地震」の副題をもつ弓子、姉の千代子、赤木をめぐるシークェンスには顕著である。三者はねじれた愛憎関係で結ばれており、それがこのテクストを謎めいたものにしているが、その起源に大地震による破壊とダメージがあることは明らかである。また、復興する浅草にたいする眼差しにも、モダニズムの一語では片付けられないものが含まれている。故前田愛は、「破壊の衝動を内に秘めた「地震の娘」でありつづける」弓子に注目しつつも、『浅草紅団』を、「劇場としての浅草、一九三〇年の劇場都市TOKIOを描いたものがたり」と集約した。ここに不足しているのは、震災/復興がもたらした「断層」、その構造と力に対する目配りではないだろうか。3・11以後の読者のひとりとして、『浅草紅団』を震災後のテクストとして読み返してみたいと思う。なおこの考察は、論者の「都市テクスト論」の一部を構成するものである。 (龍谷大学経済学部)

織田作之助の〈大阪〉――土地を記述するということ

尾崎 奈津子

織田作之助は所謂文壇へ登場する契機となった『夫婦善哉』を昭和十五年四月に発表して以来、約七年間の著述期間で一貫して「大阪」を描いたといえる。その土地の表象は〈東京=中央〉の対立項としてある、と作家論的な視点から指摘されてきた。だがそれは主に、織田の評論や随筆に依拠したもので、小説に仮構される〈大阪〉はまた位相が異なり、そこにはまだ検討の余地がある。本発表では『世相』(「人間」昭和二十一年四月)を中心に考察する。本作にも大阪の地名・風物が連記されており、そのことが先述した評価につながってもいよう。しかし戦中/戦後の時間が輻輳的に描かれる作品の構造と合わせてみると、〈大阪〉を〈書くこと〉はテクスト構成上の方法論的戦略だったと考えられるのではないだろうか。また『世相』における土地の表象は、それ以前の作品のものと異質だとも指摘できる。これらの視点から、記述される土地・〈大阪〉に検討を加えたい。 (慶応大学通信教育部)

軽井沢と文学――理想郷を希求する言説空間――

小松 史生子

軽井沢が避暑地として〈発見〉されたのは明治十九年の頃、引き続いて明治二十六年に碓氷線が全通し東京からの便利な避暑地として拓かれて以来、大正、昭和を通じてこの地は文学者を惹きつけてやまない高原の理想郷イメージを強固に形成していった。箱根や伊香保、日光、富士湖畔等と異なり、軽井沢は最初は外国人宣教師による見立てによって風景が発見され、後にそれを文学者が豊かな言語イメージによって理想郷としての〈高原〉にまで高め、追随して実業家がその幻の高原風景を地道に現実化していったと言える。そこからは、やがて旧軽井沢と信濃追分、北軽井沢との対比に見られるような知識人階層とブルジョア階層との確執・棲み分けも生まれ、地元民の感情も加わり、一口に軽井沢文化圏とくくれない複雑な言説様態をかいまみることができる。 発表では、以上の経緯を簡便に紹介しながら、こうした軽井沢に形成された避暑地文化の言説様態を大正~昭和期の文学が如何に取り扱ってきたのかを中心に考えていきたい。

大会の主旨

会務委員会

わたしたちが現在、ある特定の〈土地・地域〉に抱くイメージは、さまざまな力関係のなかにその〈土地・地域〉の特異性が投げ込まれてできた記憶そのものである。しかしその特異性もまた、〈土地・地域〉の歴史、神話、伝承の言葉とないまぜになった、虚実の曖昧な境界線上に置かれた記憶を前提とする。ある特定の〈土地・地域〉をめぐる〈記憶〉を土壌とした文学の言葉を検討することは、その〈土地・地域〉を、ある〈共通の場〉として創造・編制する力と関わる言葉の運動性を明かすことである。〈昭和文学〉という観点は、〈中央〉が統御する政治の力のみならず、より普遍的であるがゆえに根本的な流動性を帯びた資本の力と交差する、〈土地・地域〉のイメージ生成の再検討を要請する。さまざまな角度から行われる模倣、反復という運動のなかで、政治的な力と同じく、〈共通の場〉の輪郭を拡張していくものとして文学の言葉をとらえること。その上で、資本の力により〈共通の場〉に蓄積される虚構性との葛藤を刻むものとしても、文学の言葉をとらえ再検討すること。それが本大会の主旨である。

【報告】昭和文学会第48回研究集会

  • 日時 2011年5月14日(土) 午後2時より
  • 会場 青山学院大学 総研ビル(第十四号館)11階 第十九会議室 *昭和文学会会員以外の方でも、無料・申込不要にて参加できます。
  • 研究発表(司会 黒岩裕市・ 山田昭子)長野まゆみ論――女性読者との共同性を手がかりに―― 井内 美由起女性たちの読む三島由紀夫文学―昭和三〇年代の連載小説を中心に― 武内 佳代尾崎翠と女性文学のモダニズム 川崎 賢子
  • 懇親会
    ※ 研究集会終了後、学外にて懇親会を予定しておりますので、皆様ふるってご参加下さい。

報告要旨

長野まゆみ論――女性読者との共同性を手がかりに――

井内 美由起

本発表では、長野まゆみ『テレヴィジョン・シティ』(一九九二)『カンパネルラ』(一九九三)『超少年』(一九九九)を中心に、これらの作品から読みとれるテーマや問題意識を、女性読者との共同性という視点から検討したい。長野の読者はほとんどが女性である。長野はファンクラブを持ち、作品のモチーフをグッズにして売る、自ら装画やイラストレーションを手がけるなど、様々な方法で読者とのつながり、および読者同士のつながりを演出してきた。また、先行研究において指摘されているように、長野の作品には少女マンガからの影響や、いわゆる「やおいカルチャー」との関連など、現代の女性文化との共通点が多く見られる。これらのことから、「女性同士の文学」という今回の特集に新しい視点を提供することが本発表のねらいである。美術大学の出身であり、デザイナーを経て作家になった長野にとって、小説を書くことと絵を描くことは同じ目的を持つようである。作者自身による装画はこれまで出版された本の半数を占め、装画と文章は密接な関連を持っている。また、先に挙げた三作は、絵画やテレヴィジョンのモチーフが作品内において重要な意味を持つばかりでなく、作品と読者の関係の隠喩としても機能している。これらのモチーフを読み解くことによって、女にとっての書く/読むことの意味を浮かび上がらせてみたい。 (早稲田大学大学院生)

女性たちの読む三島由紀夫文学――昭和三〇年代の連載小説を中心に――

武内 佳代

終戦後、早くも女性誌が主婦向けを中心に相次いで復刊、創刊されていた頃、三島由紀夫は川端康成の推挙を得て短篇「煙草」(四六年)で戦後文壇に名乗りをあげた。だが『仮面の告白』(四九年)で出世するまでにまだ三年をまつ。その間、三島は一九四七年の『婦人画報』での掲載を皮切りに、四八年には『令女界』『マドモアゼル』『婦人』『婦人文庫』『婦人公論』、翌年には『女性改造』というふうに、様々な女性誌に作品を発表している。さらに一九五〇年、自身の初めての連載小説『純白の夜』を『婦人公論』で連載すると、六六年までに合計一一本もの小説連載を各女性誌に持っていく。つまり三島は戦後出発期から晩年の『豊饒の海』の連載時期にいたるまで、女性読者向けに創作活動をし続けていたのである。しかし管見の限り、従来三島由紀夫文学といえば、男性読者を中心とした文芸誌や総合雑誌に掲載された作品ばかりが評価、研究の対象とされ、そのような女性読者向けの作品にはほとんど目が向けられてこなかったように思われる。そこで本発表では、流行語を生みだした『永すぎた春』(五六年)をはじめとする昭和三〇年代の女性誌を飾った三島文学作品、換言すれば、昭和三〇年代の女性たちが共有した三島文学作品を中心に取りあげ、改めて考察を試みる。それらの作品と、同時代的な女性問題やジェンダー規範との関連などを検討することで、女性読者に向けられた三島文学の戦略性や批評性を明らかにしてみたい。 (文教大学) 

尾崎翠と女性文学のモダニズム

川崎 賢子

尾崎翠テクストにおいて、女性性は自明のものではない。たとえば「第七官界彷徨」(一九三一)における(植物の)生殖、遺伝、進化論、精神分析学の言説にしても、性を生得的なものとして自然に還元するよりは、性言説における人間中心主義を攪乱させるものだ。「第七官界彷徨」とゆるやかに連なるテクスト群において、読者は、ジェンダーおよびセクシュアリティの位相における女性性/男性性の境界の揺らぎや、女性性の周縁領域の拡張や、性別役割の交換・反転が、物語を展開する装置として機能することをみとめずにはいられない。尾崎翠テクストは、その女性性の表象と言説とを分析するものに、およそ女性的なるものに対する懐疑と批評性を失わず、複数性としての女性性という前提を意識することを要請する。したがって、女同士という組み合わせの意味するところも、男性性/女性性の二項対立図式でのみ解読されるのでは足りない。一方、後年の解読の枠組みにとらわれた読者からは見逃されがちであるが、尾崎翠テクストの言説と表象は、いわゆる昭和モダニズム期の表現においてかならずしも孤立したものではなかった。それを念頭に置かなければ、尾崎翠(一八九六‐一九七一)の歴史的位置づけや相対化はむつかしい。本発表においては、尾崎翠テクストにおける女性性の複数性について、「妹」「娘」「孫娘」「母」「祖母」「女友だち」「読み書きする女」等にあたりながら、表現の水脈のなかで彼女たちの場所を探りたい。  (日本映画大学)