カテゴリー別アーカイブ: 研究集会・大会

2020(令和2)年度 昭和文学会 第66回研究集会

会場 和洋女子大学 東館 5-1教室
    〒二七二―八五三三 千葉県市川市国府台 二―三―一
    
日時 五月一六日(土)一四時~一七時三〇分

大会概要、アクセスなどはこちらを参照ください。

 
※新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に関連して、本集会は一部内容の変更や、延期、中止になる可能性があります。また、終了後に東館18階ラウンジで予定されております懇親会(予約不要)につきましても、中止の場合があります。その際は速やかに昭和文学会HP(http://swbg.org/wp/)等でお知らせいたします。 
 
特集 国民再編の装置としての〈祭典〉

 
 開会の辞          

和洋女子大学人文学部日本文学文化学科教授 岡本 文子

【研究発表】

「紀元二千六百年」奉祝事業と〈歌詞テクスト〉
―― 拡声装置としての〈国民〉の身体 ――       

小林 洋介

内閉と崩壊のイマージュ
―― 〈祭典〉の反照 ――       

宮崎真素美

「皇紀2600年」の日満文学交流
―― 日満交驩使節団訪日の足跡を追う ――

大久保明男

   

司会 佐藤 未央子・村山 龍

【全体討議】

ディスカッサント 五味渕典嗣

 閉会の辞                      

代表幹事 和田 博文

 
【企画趣旨】
 本企画では、一九三〇~四〇年代における国家的な事業に対して文学がどのように向き合ってきたかを明らかにすることを目的としている。
 明治以来、国民国家となった日本において、国家という制度は精神的・物質的双方の面から人びとの活動に制約を加えてきた。精神活動の産物である文学においても、国家の存在が大きな影響を与えてきたことは言を俟たない。国家がもっとも前景化する事例として戦争が挙げられるが、近年の戦争文学への研究が明らかにしたように、文学は表象の面から国家を支えることになった。しかし、そうした表象は火野葦平『麦と兵隊』(一九三八)と石川達三『生きてゐる兵隊』(一九三八)のように、当時の中国への文学者派遣とそれにともなう報道やルポルタージュのプロパガンダ化という流れのなかにあって、それを裏切って同時代の状況への批判として機能するといった事態も引き起こしていた。このような国家と文学テクストの関係の両義性に目を向けたとき、戦争というネガティブなトピックスを〈ポジティブ〉なものへと反転させる機能の破れ目に〈個人〉性の表象に関する問題が生じているのではないだろうか。
 そこで、本企画では〈祭典〉をめぐる言説空間に注目し、二つの視角から検討を進めたい。ひとつは紀元二千六百年式典や大東亜文学者大会といった大規模な〈祭典〉とそれに対する表象についての視角である。「紀元二千六百年」は国民の慶事として奉祝事業がさまざまに計画されていたが、そのなかでも「紀元二千六百年頌歌」や「奉祝国民歌」に代表される唱歌が果たした役割は大きな意味を持つだろう。NHKのラジオ番組『国民歌謡』で人びとに流通した歌は、ともに歌うことによって人びとの紐帯を強いものにしたはずだ。また、紀元二千六百年式典に合わせ、オリンピックの招致も予定されていた点にも注目できる。ベルリンオリンピックへの読売新聞特派員だった西條八十は国民の高揚を煽る詩篇を立て続けに発表し、朝鮮出身の日本代表・孫基偵がマラソンで優勝した際は「我等の英雄」と謳い、〈日本人の感動〉の中に回収していった。朝鮮出身者を日本代表として五輪へ出場させることは、日本兵として出征させることと同列の行いといえる。その一方で、村野四郎『体操詩集』(一九三九)には国家的な枠組みから距離を置いた表象も見られる。いったい、詩人たちは愛国詩や戦争詩といかにして向き合ったのだろうか。
そして、もうひとつは〈外地〉の文学との連動に対する視角である。国民としての意識が強く共有されていた〈内地〉とは異なり、異なる「民族」を糾合して戦争遂行に向かわせようとした〈外地〉の言説への分析は、重要な課題として残されている。たとえば、満洲国では大東亜文学者大会に先立って文藝家愛国大会(満洲文藝家協会)が開かれていた。〈外地〉で展開された多彩な「文学報国」活動と、〈内地〉の文学運動はどのように連帯したのだろうか。
 以上の問題をふまえ、戦間期から戦時へと移行する時期に国民を動員する手段として用いられた〈祭典〉という装置に焦点を当てて、作家たちがどのようにコミットしていったのかを問うことが本企画の主眼となる。作家たちは〈祭典〉の熱狂のなかで何を見、考えたのか。文学テクストだけでなく当時の報道のあり方などにも注目し、それぞれのテクストから見える〈祭典〉の表象とその効果を中心に分析することで、政治と文学と戦争をめぐる問題系に新しい論点を加えることを試みたい。
  
【ディスカッサント紹介】

五味渕 典嗣(ごみぶち・のりつぐ)
 早稲田大学教育・総合科学学術院教授。現在の主な関心は、日中戦争期・アジア太平洋戦争期の文学・文化とプロパガンダ。著書に、『プロパガンダの文学 日中戦争下の表現者たち』(共和国、二〇一八年)、『谷崎潤一郎讀本』(共編。翰林書房、二〇一六年)、『言葉を食べる 谷崎潤一郎、1920~1931』(世織書房、二〇〇九年)など。
 
【発表要旨】

「紀元二千六百年」奉祝事業と〈歌詞テクスト〉 ―― 拡声装置としての〈国民〉の身体 ――

小林 洋介(こばやし・ようすけ)

 
本発表は、いわゆる「紀元二千六百年」奉祝事業(一九四〇年)に合わせて制作された歌曲や楽曲のうち、一九三九年十二月にNHKラジオ番組「国民歌謡」で放送された二つの歌曲の歌詞を主たる分析対象とする。
一つ目は「紀元二千六百年頌歌」(紀元二千六百年奉祝会選定、東京音楽学校作詞作曲)である。その歌詞には、『古事記』など建国神話と関わりの深い古典に依拠した語句が多く用いられている。そうした用語によって「紀元二千六百年頌歌」およびそれが歌われた式典は、近代国家が建国神話を擬似的に再現し、自らの正統性を強化するための装置として機能したと言える。
二つ目は「奉祝国民歌 紀元二千六百年」(紀元二千六百年奉祝会・日本放送協会制定)である。これは広く〈国民〉に呼びかけて歌詞を募り、選ばれたものが実際に歌曲になったものであり、その作詞の過程そのものが、〈国民〉の祭典への参加を促すものであった。
これらの歌曲を歌うとき〈国民〉は、自らの身体を使って他者に向けて〈歌詞テクスト〉のイデオロギーを拡声していたと言える。そこで本発表では、歌詞の生成、流通、享受の様態を解明するほか、詩と同様に歌詞を文学テクストとして扱い、その分析を行う。

(比治山大学)

 
内閉と崩壊のイマージュ ―― 〈祭典〉の反照 ――      

宮崎 真素美(みやざき・ますみ)


 皇紀二六〇〇年を記念した一九四〇年(昭和一五年)は、祝祭的な喧しさの極点であった。国威高揚をあからさまにしたベルリンオリンピックを継ぐ東京オリンピック構想をはじめ、詩歌の世界もそうしたムードに連動した。その一方で、当時二〇歳前後の若き詩人たちの作品には、日中戦争の開始とともに、やがて自分たちに忍び寄るであろう何ものかへの怯えの予感や警鐘、自己の内景としての「室内」の創出とその崩壊、満身創痍での疾駆のさまや不眠の描出が、高揚したムードの反作用さながらに認められる。また、彼らの二十年年長にあたる村野四郎は、一九三九年(昭和一四年)、ベルリンオリンピックの画像と詩篇とを組み合わせた『體操詩集』で、「在来の憂悶詩に対抗」する世界をあらわした。自我を超克する即物的表現から翼賛詩、敗戦後の疲労感漂う抒情的作風へと、この期のながれを一身に体現する村野の存在をあわせながら、〈祭典〉による〈再編〉の作用と反作用とを捉えたい。

(愛知県立大学)

 
「皇紀2600年」の日満文学交流 ―― 日満交驩使節団訪日の足跡を追う ――      

大久保 明男(おおくぼ・あきお)


 1940年2月、「紀元2600年」記念行事に参加し、あわせて日本の諸文化施設を見学、日満の文学交流を促進させるために、「満洲国」政府が「日満交驩使節団」を日本に派遣した。一行は約一ヶ月にわたる日本滞在中に、東京や鎌倉、関西などで多くの日本人文学者とも接触したが、その足取りがいまだ判明していないところもある。本発表は当時「日満」双方の文献資料を可及的に調査し、訪日団の足跡をたどりながら、いわゆる日満文学交流の表裏を探っていきたいと思う。

(首都大学東京)

お詫びと訂正

会員向けに送付した春季大会案内に記された発表者の氏名に誤りがありました。

 

(誤)朱 紅衛

   

(正)朱 衛紅

 

ここに深くお詫び申し上げ、訂正させていただきます。

 

 

 

 

2019(令和元)年度 昭和文学会 春季大会

昭和文学会・中国日本文学研究会 姉妹学会締結記念 国際シンポジウム

東アジアにおける地理学的想像力と物語の生成・消費

日時 6月15日(土)13時より17時30分(予定)
会場 國學院大學 渋谷キャンパス 1号館1105/1101・1103教室
(〒150-8440 東京都渋谷区東西4-10-28)

 

大会概要、アクセスなどはこちらをご参照ください。
講演・発表要旨はこちらをご参照ください。

 

開会の辞(13時より)1号館1105教室

石川 則夫(國學院大學文学部長)

 

【基調講演】 13時10分より 1号館1105教室
横光利一の地政学 ――小説『上海』とその周辺

李  征(復旦大学教授)

 

【研究発表】 14時より
〈第一会場〉 1号館1101教室
グラフ雑誌『北支』と「興亜」物語

王  志松(北京師範大学教授)

 

「武蔵野夫人」空間と場所そして移動する境界

川崎 賢子(立教大学特任教授)

文学が生み出すコンテンツ・ツーリズム――司馬遼太郎作品の事例

フィリップ・シートン(東京外国語大学教授)

「救い」はあるのか――『豚の報い』と『虹の鳥』を中心に

郭  炯徳(明知大学助教授)

 

〈第二会場〉 1号館1103教室
スカイスクレーパーの詩学──稲垣足穂と北園克衛の都市表象

高木 彬(龍谷大学講師)

現代短歌に見る長江、黄河そして沿岸の都市

朱 衛紅(上海財経大学准教授)

地理学的想像力と表象の新宿

土屋 忍(武蔵野大学教授)

越境の童話――木下杢太郎「崑崙山」試論

高  潔(上海外国語大学教授)

 

閉会の辞(17時より)1号館1101教室

和田 博文(代表幹事)

 

※終了後、総会を予定しております。
※懇親会は、三号館一階レストラン「和」にて予定しております。
予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。

 

【企画趣旨】
前田愛『都市空間のなかの文学』(一九八二年)の刊行から三五年以上が経過した今日、文学テクストの中に地理的諸条件がいかに表象され、物語における登場人物の動きがいかに地理的諸条件に規定されたものとして描かれるのか、ということをめぐる議論は、文学テクストに対するアプローチの一つとして定着している。また都市表象を捉えようとする試みは、同時代の国際的な地政学が織り込まれたテクストを解きほぐし、統治権力システムの各階層で生起するさまざまな物語を検討する作業にもつながっていく。本特集は、文学研究において積み重ねられてきた都市表象に関する考察の蓄積を踏まえつつ、近年、隣接諸領域において展開されてきた都市をめぐる議論と文学研究との再接合をはかろうとするものである。
東アジアの都市空間は、アジア太平洋戦争とその後の冷戦・ポスト冷戦期における世界情勢の変遷の中でさまざまな記憶が上書きされ、大きな変容を遂げている。既に八〇年代都市論が想定した国民国家を基盤とする「首都/地方都市」の関係から、「グローバル都市圏ネットワーク/ドメスティックな都市群」という新自由主義的枠組みに世界の都市空間は再編成されてきている。こうした変容の過程において、どのような空間が物語の中で立ち現れ、消費されていったのか。そこでは、何が記憶として価値を持ち、何が無価値なものとして忘却されようとしているのか。東アジアの各地域を対象とした文学研究者が集う場において、都市表象と文学をめぐる諸問題を包括的に討議したい。

 

【講演紹介】
李 征(り・せい)
復旦大学外文学院教授。専門は日本近代文学、比較文学。著書に『表象としての上海』(東洋書林、二〇〇一年)、『都市空間の叙述形態:日本近代小説文体研究』(復旦大学出版社、二〇一二年)、主要な論文として「身体性の表現と小説の政治学——―横光利一『上海』における外国人表象」(『文学研究論集』14、一九九七年三月)、「一九三二年の上海 : 戦争・メディア・文学」(『アジア遊学』167、二〇一三年八月)など。

 

【講演要旨】
「私は巴里へ来てから一層上海の面白さが分って来たような気がする。」と横光利一は後年、『欧州紀行』でこう語る。似たような表現は他のエッセイにもたびたび出て来る。谷崎潤一郎や芥川龍之介の後を追って上海を歩き回った横光の目には、租界都市上海が単なる道路・川・建築によってだけでなく、さらに言語・民族・貨幣などによって形作られた、魅了的な空間として映った。上海の地政学はのちに欧州旅行の地政学にもつながる。上海、ロンドン、パリ、ベルリン、ニューヨーク、モスクワ……世界の地理空間の切り替えにしたがって、「われ想う故にわれ在り」は二十一世紀の今現在にあらためて「われ在る故にわれ想う」として響いてくる。

2019(平成31)年度 昭和文学会 第64回研究集会

日時 5月11日(土)14時~18時
会場 亜細亜大学 武蔵野キャンパス5号館2階 522教室
(〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10)

大会概要、アクセスなどはこちらを参照ください。

 

特集 文学賞・懸賞の可能性と現在

 

開会の辞

亜細亜大学副学長 松本 賢信

【研究発表】
一九二〇―三〇年代にみる懸賞・映画小説

西川 貴子

「民主的な方法」としての読者投票──戦後大衆文芸誌による文学賞設置の試み──

高橋 孝次

同人雑誌から文学賞へ──一九五〇年代を中心に──

滝口 明祥

【特別対談】
作家と文学賞

籠島 雅雄・中沢 けい

閉会の辞

代表幹事 和田 博文

 

(司会) 関口 雄士・藤田 佑・吉野 泰平

 

※ 終了後、キャンパス内ASIA PLAZA四階PLAZAホールにて懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。

 

【企画趣旨】
本企画は、文学作品と、それを顕彰する文学賞や懸賞―広義での〈賞〉―との相関関係を検討することを目的としている。これまで文学賞は、時にセンセーショナルな演出を駆使しながら、その時代の文学を占う、様々な作品を世に送り出してきた。昭和文学会でも、「昭和文学研究」誌上で過去二回にわたって(二〇一三年五月、二〇一七年九月)、文学賞研究の展望や動向について言及してきた。しかし、文学賞や懸賞それ自体が注目される機会は、未だ多くはない。
文学賞・懸賞の歴史は、出版メディアの興隆と共に古い。文学作品を顕彰するシステムが、メディアによる出版戦略の一環として、商業主義と深く結びついてきたことは、その勃興期から既に指摘されてきた。それでは、同時代の作家や読者達は、どのように〈賞〉と対峙してきたのだろうか。例えば芥川賞黎明期における太宰治のように、銓衡というメディアイベントそのものを作品の素材とし、自身の作家イメージの創成に利用していった作家の存在がある。作家がいかに〈賞〉の存在を内面化し、創作の源泉としていったかという問題が、ここに存在する。他方、読者の側も、一方的な〈賞〉の享受者・消費者に留まり続けたわけではない。戦後の大衆文学賞は読者による投票システムを導入しており、また昭和三〇年前後の一般公募の懸賞小説には、一般読者からの千単位での応募があったことも知られている。文学賞は、読者が「文学」へと参画していく、架け橋としての役割を果たしていたのである。
さらに文学賞は、文学のジャンル規定とも深い関わりがある。純文学、大衆文学、歴史小説、児童文学、SF・ミステリー、詩・短歌など、〈賞〉は対象を細分化し、その時代のジャンル毎の規範を示す指標としても機能してきた。〈賞〉と文学作品との相互関係を問うことで、時代やジャンルに応じた規範が再生産されていく様、あるいはその境界自体がゆらぐ様を検討できるのではないか。文学賞・懸賞が文学に果たしてきた役割に焦点をあてつつ、現代文学における〈賞〉のあり方や、文学賞研究それ自体の可能性をも検討していきたい。

 

【登壇者略歴】
籠島雅雄(かごしま・まさお)
一九四五年生まれ。「群像」元編集長。編集者として、さまざまな文学者とかかわる。現在、農民文学賞選考委員をつとめる。

 

中沢けい(なかざわ・けい)
一九五九年生まれ。作家、法政大学教授。一九七八年『海を感じる時』で第二一回群像新人文学賞(小説部門)、一九八五年『水平線上にて』で第七回野間文芸新人賞を受賞。第三八~四二回(一九九五~一九九九年)群像新人文学賞選考委員。現在、新沖縄文学賞・大阪女性文芸賞・農民文学賞の選考委員。近著に『麹町二婆二娘孫一人』(新潮社)、『アンチヘイト・ダイアローグ』(対談、人文書院)。籠島雅雄氏は群像新人賞選考委員当時の群像編集長。

 

【発表要旨】
一九二〇―三〇年代にみる懸賞・映画小説

西川 貴子(にしかわ・あつこ)


一九二〇―三〇年代に新聞や雑誌上で企画された懸賞映画小説は、新興メディアのもつ大衆性、新奇性、興行性、また紙上映画としての作品の特性といった注目に値する点が数多くある。例えば、企画側と読者との関係からみた時、当時の風潮や懸賞が持つ興行性、映画という新たなメディアの発展について考える興味深い材料となる。また、映画と小説の関係からみた時、映画劇、映画物語、シナリオストーリー、映画筋書、映画脚本などが混在する中で、紙上映画という読み物ならではの工夫をみてとることができる。
本発表では、特に大阪朝日新聞社の懸賞企画で当選した、貴司山治の初期作品『霊の審判』(原題「人造人間」一九二七―一九二八年)を取り上げる。映画は未完成となったものの阪東妻三郎主演が謳われ話題となった本作は、怪奇探偵小説の作風や「異国」の描写、歌詞の挿入、人造人間や二重人格というモチーフなど、同時代の映画や小説の流行が取り入れられている。撮影写真やイラストとともに新聞連載された本作を通して、紙上映画の試みを考えることで、懸賞映画小説のもつ魅力を考察する。

 (同志社大学)

 

「民主的な方法」としての読者投票
――戦後大衆文芸誌による文学賞設置の試み――

高橋 孝次(たかはし・こうじ)


本発表は、戦後新たに設置された文学賞のうち、「小説と読物」の夏目漱石賞や「婦人文庫」の女流文学賞、大衆雑誌懇話会の大衆雑誌懇話会賞、「大衆文芸」の大衆文芸賞のような、読者の意思を銓衡方法に採り入れようとしたものの系譜をたどり、とくに戦後の大衆文芸雑誌が設置した文学賞の、読者による銓衡の試みについて考察する。
敗戦直後から新たな市場、読者を獲得すべく新興の大衆雑誌が乱立したが、そのなかには、大衆雑誌懇話会に代表される、小説・読物の本来の面白さを求める傾向が見出される。これらの大衆雑誌が設置した新たな文学賞には、既成作家による銓衡とは異なる、「民主的な方法」として読者を銓衡に関与させる試みがみられた。しかし、これらの文学賞は、僅かな例外をのぞいていずれも成功しなかった。大衆雑誌懇話会周辺の文学賞の中心にその銓衡方法や受賞作品を検討することで、従来知られた中間小説の形成とは異なる文学大衆化の流れの一端を明らかにしたい。

(帝京平成大学)

 

同人雑誌から文学賞へ
――一九五〇年代を中心に――

滝口 明祥(たきぐち・あきひろ)


戦前において、作家としてデビューするためには同人雑誌というのは極めて重要な経路であった。そこで既成作家や出版関係者に認められることが作家志望者のひとまずの目標であったと言ってよいだろう。一九三五年に創設された芥川賞は、そのような作家志望者を選抜する新人賞として機能した。その一方で、公募型の新人賞でデビューした作家に対しては侮蔑的な視線が注がれてもいた。そのような状況が次第に変わっていくのは戦後になってからのことだ。現在にも続くような公募型の新人賞が矢継ぎ早に創設されたのは、いずれも一九五〇年代のことである。その結果、芥川賞の性質自体が変わっていくこととなり、また、そういった公募型の新人賞から石原慎太郎や深沢七郎といった新しい作家が登場し、しきりに「文壇」の崩壊が叫ばれることともなった。本発表は、一九五〇年代を中心とした作家のリクルーティングの変容とその背景について考察することを目的とする。

(大東文化大学)