カテゴリー別アーカイブ: 研究集会・大会

2020(令和2)年度 昭和文学会 秋季大会

【重要なお知らせ】2020年度秋季大会は大阪樟蔭女子大学での開催が予定されておりましたが、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、オンライン開催となりました。
 
特集 いま〈古典〉を考える–戦後文学文化における〈古典〉とは何か–
 
日時 2020年11月7日(土) 午後(予定)
 
【登壇者紹介】
・衣笠正晃氏(法政大学)
・西野厚志氏(京都精華大学)
・竹田志保氏(学習院大学ほか)
・勝亦志織氏(中京大学)
 
※大会の詳細やオンライン学会への参加方法は昭和文学会HP(http://swbg.org/wp/)で改めてお知らせいたします。今後、やむを得ない事情より一部内容の変更、当日の急な変更等も生じる可能性があります。その際も速やかに当会HP上でお知らせいたします。
 
【発表題目】
・衣笠 正晃
「大衆化のなかの国文学/国文学界
――戦前・戦後の連続性から考える――」
・西野 厚志
「分身と変身
――谷崎潤一郎訳「源氏物語」と小説「夢の浮橋」――」
・竹田 志保
「少女文化のなかの古典」
・勝亦 志織
「田辺聖子『新源氏物語』における光源氏の恋と七夕
――宝塚歌劇化を回路にして――」
 
【企画趣旨】
 本企画では、主として戦後の作品を対象に、古典文学研究者と近代文学研究者とのシンポジウムを設け、あらためて作家・創作における〈古典〉の意義を探っていく。それとともに、一般読者層の関心・アカデミズム双方ともに看過しがたい領域において、創作と研究とが互いの成果を共有しうる契機を見出していきたい。 
 「近代文学」研究は、その成り立ちにおいて戦前よりの「国文学」研究の方法論を継承しつつ「古典文学」との分担が図られてきた。
 その歴史はもちろん単純な二項対立を前提とするものではなく、相互浸透が目指されつつも差異化も意識されてきたものといえるだろう。たとえば戦前に議論があった国文学研究の様々な方法論、文献実証・歴史社会学派・文藝学・解釈学などの成果が改めて多角的に見直される動きが見受けられる。〈古典〉をどう引き受けるかという関心の所在は、「解釈と鑑賞」「国文学」誌上などにおける、古典文学・近代文学・作家・研究者の枠組みを超えたやりとりにも見出されるだろう。
 さらにその現象は、学術研究にとどまるものではなく、大衆文化・メディアミックス・ポピュラリティーとも重なる領域を形成してきたはずだ。
 
 一例を挙げるならば、田辺聖子による上代から近世まで幅広い古典文学紹介の数々は、漫画文化への影響などもあり、今なお新たな可能性を秘めているだろう。
 「源氏物語」に関してみても、円地文子・谷崎潤一郎・橋本治・舟橋聖一など、それぞれに研究領域との距離の置き方、相対関係に個性がみられる。山田孝雄を通じて現代語訳に取り組んだ谷崎潤一郎や、上田萬年を父親にもつ円地文子のように、創作と研究が密接に結びつく例があるのに対し、橋本治のように自らのアカデミズム的な知識を創作の基盤とした例もみられる。先の田辺聖子による『新源氏物語』などは、原文尊重と対極的な流れに位置付けられ、古典文学のイメージを語りの難解さから解放したものとしても名高い。
 その他、石川淳『新釈古事記』・瀬戸内晴美『とはずがたり』など、著名な作家による古典文学受容は戦後も枚挙に暇がない。
 
 戦後の古典文学受容は、年代的な新しさ、未分化で再評価の余地が大きい領域ゆえに、学術研究においては剔抉しきれていない可能性もいまだあるのではないか。専門の細分化・文学研究における閉塞感を危惧する声も多い中、依然、エンタテインメントなどの領域においては文学への興味が活況を呈する現在、その様相を改めて見直す意義があるといえよう。

2020(令和2)年度 昭和文学会 第66回研究集会

会場 和洋女子大学 東館 5-1教室
    〒二七二―八五三三 千葉県市川市国府台 二―三―一
    
日時 五月一六日(土)一四時~一七時三〇分

大会概要、アクセスなどはこちらを参照ください。

 
※新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に関連して、本集会は一部内容の変更や、延期、中止になる可能性があります。また、終了後に東館18階ラウンジで予定されております懇親会(予約不要)につきましても、中止の場合があります。その際は速やかに昭和文学会HP(http://swbg.org/wp/)等でお知らせいたします。 
 
特集 国民再編の装置としての〈祭典〉

 
 開会の辞          

和洋女子大学人文学部日本文学文化学科教授 岡本 文子

【研究発表】

「紀元二千六百年」奉祝事業と〈歌詞テクスト〉
―― 拡声装置としての〈国民〉の身体 ――       

小林 洋介

内閉と崩壊のイマージュ
―― 〈祭典〉の反照 ――       

宮崎真素美

「皇紀2600年」の日満文学交流
―― 日満交驩使節団訪日の足跡を追う ――

大久保明男

   

司会 佐藤 未央子・村山 龍

【全体討議】

ディスカッサント 五味渕典嗣

 閉会の辞                      

代表幹事 和田 博文

 
【企画趣旨】
 本企画では、一九三〇~四〇年代における国家的な事業に対して文学がどのように向き合ってきたかを明らかにすることを目的としている。
 明治以来、国民国家となった日本において、国家という制度は精神的・物質的双方の面から人びとの活動に制約を加えてきた。精神活動の産物である文学においても、国家の存在が大きな影響を与えてきたことは言を俟たない。国家がもっとも前景化する事例として戦争が挙げられるが、近年の戦争文学への研究が明らかにしたように、文学は表象の面から国家を支えることになった。しかし、そうした表象は火野葦平『麦と兵隊』(一九三八)と石川達三『生きてゐる兵隊』(一九三八)のように、当時の中国への文学者派遣とそれにともなう報道やルポルタージュのプロパガンダ化という流れのなかにあって、それを裏切って同時代の状況への批判として機能するといった事態も引き起こしていた。このような国家と文学テクストの関係の両義性に目を向けたとき、戦争というネガティブなトピックスを〈ポジティブ〉なものへと反転させる機能の破れ目に〈個人〉性の表象に関する問題が生じているのではないだろうか。
 そこで、本企画では〈祭典〉をめぐる言説空間に注目し、二つの視角から検討を進めたい。ひとつは紀元二千六百年式典や大東亜文学者大会といった大規模な〈祭典〉とそれに対する表象についての視角である。「紀元二千六百年」は国民の慶事として奉祝事業がさまざまに計画されていたが、そのなかでも「紀元二千六百年頌歌」や「奉祝国民歌」に代表される唱歌が果たした役割は大きな意味を持つだろう。NHKのラジオ番組『国民歌謡』で人びとに流通した歌は、ともに歌うことによって人びとの紐帯を強いものにしたはずだ。また、紀元二千六百年式典に合わせ、オリンピックの招致も予定されていた点にも注目できる。ベルリンオリンピックへの読売新聞特派員だった西條八十は国民の高揚を煽る詩篇を立て続けに発表し、朝鮮出身の日本代表・孫基偵がマラソンで優勝した際は「我等の英雄」と謳い、〈日本人の感動〉の中に回収していった。朝鮮出身者を日本代表として五輪へ出場させることは、日本兵として出征させることと同列の行いといえる。その一方で、村野四郎『体操詩集』(一九三九)には国家的な枠組みから距離を置いた表象も見られる。いったい、詩人たちは愛国詩や戦争詩といかにして向き合ったのだろうか。
そして、もうひとつは〈外地〉の文学との連動に対する視角である。国民としての意識が強く共有されていた〈内地〉とは異なり、異なる「民族」を糾合して戦争遂行に向かわせようとした〈外地〉の言説への分析は、重要な課題として残されている。たとえば、満洲国では大東亜文学者大会に先立って文藝家愛国大会(満洲文藝家協会)が開かれていた。〈外地〉で展開された多彩な「文学報国」活動と、〈内地〉の文学運動はどのように連帯したのだろうか。
 以上の問題をふまえ、戦間期から戦時へと移行する時期に国民を動員する手段として用いられた〈祭典〉という装置に焦点を当てて、作家たちがどのようにコミットしていったのかを問うことが本企画の主眼となる。作家たちは〈祭典〉の熱狂のなかで何を見、考えたのか。文学テクストだけでなく当時の報道のあり方などにも注目し、それぞれのテクストから見える〈祭典〉の表象とその効果を中心に分析することで、政治と文学と戦争をめぐる問題系に新しい論点を加えることを試みたい。
  
【ディスカッサント紹介】

五味渕 典嗣(ごみぶち・のりつぐ)
 早稲田大学教育・総合科学学術院教授。現在の主な関心は、日中戦争期・アジア太平洋戦争期の文学・文化とプロパガンダ。著書に、『プロパガンダの文学 日中戦争下の表現者たち』(共和国、二〇一八年)、『谷崎潤一郎讀本』(共編。翰林書房、二〇一六年)、『言葉を食べる 谷崎潤一郎、1920~1931』(世織書房、二〇〇九年)など。
 
【発表要旨】

「紀元二千六百年」奉祝事業と〈歌詞テクスト〉 ―― 拡声装置としての〈国民〉の身体 ――

小林 洋介(こばやし・ようすけ)

 
本発表は、いわゆる「紀元二千六百年」奉祝事業(一九四〇年)に合わせて制作された歌曲や楽曲のうち、一九三九年十二月にNHKラジオ番組「国民歌謡」で放送された二つの歌曲の歌詞を主たる分析対象とする。
一つ目は「紀元二千六百年頌歌」(紀元二千六百年奉祝会選定、東京音楽学校作詞作曲)である。その歌詞には、『古事記』など建国神話と関わりの深い古典に依拠した語句が多く用いられている。そうした用語によって「紀元二千六百年頌歌」およびそれが歌われた式典は、近代国家が建国神話を擬似的に再現し、自らの正統性を強化するための装置として機能したと言える。
二つ目は「奉祝国民歌 紀元二千六百年」(紀元二千六百年奉祝会・日本放送協会制定)である。これは広く〈国民〉に呼びかけて歌詞を募り、選ばれたものが実際に歌曲になったものであり、その作詞の過程そのものが、〈国民〉の祭典への参加を促すものであった。
これらの歌曲を歌うとき〈国民〉は、自らの身体を使って他者に向けて〈歌詞テクスト〉のイデオロギーを拡声していたと言える。そこで本発表では、歌詞の生成、流通、享受の様態を解明するほか、詩と同様に歌詞を文学テクストとして扱い、その分析を行う。

(比治山大学)

 
内閉と崩壊のイマージュ ―― 〈祭典〉の反照 ――      

宮崎 真素美(みやざき・ますみ)


 皇紀二六〇〇年を記念した一九四〇年(昭和一五年)は、祝祭的な喧しさの極点であった。国威高揚をあからさまにしたベルリンオリンピックを継ぐ東京オリンピック構想をはじめ、詩歌の世界もそうしたムードに連動した。その一方で、当時二〇歳前後の若き詩人たちの作品には、日中戦争の開始とともに、やがて自分たちに忍び寄るであろう何ものかへの怯えの予感や警鐘、自己の内景としての「室内」の創出とその崩壊、満身創痍での疾駆のさまや不眠の描出が、高揚したムードの反作用さながらに認められる。また、彼らの二十年年長にあたる村野四郎は、一九三九年(昭和一四年)、ベルリンオリンピックの画像と詩篇とを組み合わせた『體操詩集』で、「在来の憂悶詩に対抗」する世界をあらわした。自我を超克する即物的表現から翼賛詩、敗戦後の疲労感漂う抒情的作風へと、この期のながれを一身に体現する村野の存在をあわせながら、〈祭典〉による〈再編〉の作用と反作用とを捉えたい。

(愛知県立大学)

 
「皇紀2600年」の日満文学交流 ―― 日満交驩使節団訪日の足跡を追う ――      

大久保 明男(おおくぼ・あきお)


 1940年2月、「紀元2600年」記念行事に参加し、あわせて日本の諸文化施設を見学、日満の文学交流を促進させるために、「満洲国」政府が「日満交驩使節団」を日本に派遣した。一行は約一ヶ月にわたる日本滞在中に、東京や鎌倉、関西などで多くの日本人文学者とも接触したが、その足取りがいまだ判明していないところもある。本発表は当時「日満」双方の文献資料を可及的に調査し、訪日団の足跡をたどりながら、いわゆる日満文学交流の表裏を探っていきたいと思う。

(首都大学東京)

お詫びと訂正

会員向けに送付した春季大会案内に記された発表者の氏名に誤りがありました。

 

(誤)朱 紅衛

   

(正)朱 衛紅

 

ここに深くお詫び申し上げ、訂正させていただきます。

 

 

 

 

2019(令和元)年度 昭和文学会 春季大会

昭和文学会・中国日本文学研究会 姉妹学会締結記念 国際シンポジウム

東アジアにおける地理学的想像力と物語の生成・消費

日時 6月15日(土)13時より17時30分(予定)
会場 國學院大學 渋谷キャンパス 1号館1105/1101・1103教室
(〒150-8440 東京都渋谷区東西4-10-28)

 

大会概要、アクセスなどはこちらをご参照ください。
講演・発表要旨はこちらをご参照ください。

 

開会の辞(13時より)1号館1105教室

石川 則夫(國學院大學文学部長)

 

【基調講演】 13時10分より 1号館1105教室
横光利一の地政学 ――小説『上海』とその周辺

李  征(復旦大学教授)

 

【研究発表】 14時より
〈第一会場〉 1号館1101教室
グラフ雑誌『北支』と「興亜」物語

王  志松(北京師範大学教授)

 

「武蔵野夫人」空間と場所そして移動する境界

川崎 賢子(立教大学特任教授)

文学が生み出すコンテンツ・ツーリズム――司馬遼太郎作品の事例

フィリップ・シートン(東京外国語大学教授)

「救い」はあるのか――『豚の報い』と『虹の鳥』を中心に

郭  炯徳(明知大学助教授)

 

〈第二会場〉 1号館1103教室
スカイスクレーパーの詩学──稲垣足穂と北園克衛の都市表象

高木 彬(龍谷大学講師)

現代短歌に見る長江、黄河そして沿岸の都市

朱 衛紅(上海財経大学准教授)

地理学的想像力と表象の新宿

土屋 忍(武蔵野大学教授)

越境の童話――木下杢太郎「崑崙山」試論

高  潔(上海外国語大学教授)

 

閉会の辞(17時より)1号館1101教室

和田 博文(代表幹事)

 

※終了後、総会を予定しております。
※懇親会は、三号館一階レストラン「和」にて予定しております。
予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。

 

【企画趣旨】
前田愛『都市空間のなかの文学』(一九八二年)の刊行から三五年以上が経過した今日、文学テクストの中に地理的諸条件がいかに表象され、物語における登場人物の動きがいかに地理的諸条件に規定されたものとして描かれるのか、ということをめぐる議論は、文学テクストに対するアプローチの一つとして定着している。また都市表象を捉えようとする試みは、同時代の国際的な地政学が織り込まれたテクストを解きほぐし、統治権力システムの各階層で生起するさまざまな物語を検討する作業にもつながっていく。本特集は、文学研究において積み重ねられてきた都市表象に関する考察の蓄積を踏まえつつ、近年、隣接諸領域において展開されてきた都市をめぐる議論と文学研究との再接合をはかろうとするものである。
東アジアの都市空間は、アジア太平洋戦争とその後の冷戦・ポスト冷戦期における世界情勢の変遷の中でさまざまな記憶が上書きされ、大きな変容を遂げている。既に八〇年代都市論が想定した国民国家を基盤とする「首都/地方都市」の関係から、「グローバル都市圏ネットワーク/ドメスティックな都市群」という新自由主義的枠組みに世界の都市空間は再編成されてきている。こうした変容の過程において、どのような空間が物語の中で立ち現れ、消費されていったのか。そこでは、何が記憶として価値を持ち、何が無価値なものとして忘却されようとしているのか。東アジアの各地域を対象とした文学研究者が集う場において、都市表象と文学をめぐる諸問題を包括的に討議したい。

 

【講演紹介】
李 征(り・せい)
復旦大学外文学院教授。専門は日本近代文学、比較文学。著書に『表象としての上海』(東洋書林、二〇〇一年)、『都市空間の叙述形態:日本近代小説文体研究』(復旦大学出版社、二〇一二年)、主要な論文として「身体性の表現と小説の政治学——―横光利一『上海』における外国人表象」(『文学研究論集』14、一九九七年三月)、「一九三二年の上海 : 戦争・メディア・文学」(『アジア遊学』167、二〇一三年八月)など。

 

【講演要旨】
「私は巴里へ来てから一層上海の面白さが分って来たような気がする。」と横光利一は後年、『欧州紀行』でこう語る。似たような表現は他のエッセイにもたびたび出て来る。谷崎潤一郎や芥川龍之介の後を追って上海を歩き回った横光の目には、租界都市上海が単なる道路・川・建築によってだけでなく、さらに言語・民族・貨幣などによって形作られた、魅了的な空間として映った。上海の地政学はのちに欧州旅行の地政学にもつながる。上海、ロンドン、パリ、ベルリン、ニューヨーク、モスクワ……世界の地理空間の切り替えにしたがって、「われ想う故にわれ在り」は二十一世紀の今現在にあらためて「われ在る故にわれ想う」として響いてくる。