カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

2016(平成28)年度 秋季大会

2016(平成28)年度 昭和文学会 秋季大会
 
特集 詩学的批評の時代――1950~1970年代の言語論/国家論を再考する
 
日時 11月12日(土)午後1時より
 
会場 鶴見大学 1号館 5階 501教室
   (〒230-8501 横浜市鶴見区鶴見2-1-3)
 
 
開会の辞

高田 信敬(鶴見大学文学部教授)

 
【研究発表】
詩的言語と国家の原理――雑誌『無名鬼』『磁場』とその周辺
梶尾 文武

 

初期吉本隆明の文芸批評と共同体の理論

森岡 卓司

 

【講演】
吉本隆明の詩と〈罪〉の問題

瀬尾 育生

 
           
【シンポジウム】
ディスカッサント 安 智史

 
閉会の辞
代表幹事 一柳 廣孝

司会 立尾 真士・中村 ともえ

 

※終了後、記念館学生食堂にて懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。
 
 
【企画趣旨】
   本企画のねらいは、1950年代から70年代にかけてとりわけ詩の批評のなかで行われた、言語や日本語をめぐる考察に焦点を当てることである。
   日本の文芸批評史において1980年代が一つの転換点をなすことは、論を俟たないだろう。記号論的な言語観が理論的な広がりを見せ、柄谷行人・蓮實重彦・三浦雅士といった批評家たちが登場して、ポスト構造主義的な言語論を展開した。とりわけ柄谷行人は『日本近代文学の起源』(1980)において、言文一致と近代日本語の成立を基点とした新たな国家論の枠組みを提示し、その後の国民国家論の隆盛を引き寄せることになる。しかし、これらをひと通り経た現在において、新たに言語の問題から文学の問い直しをはかるとき、鍵になるのはむしろ、「韻律」「定型」といった詩の要素に着目しつつなされた、50年代から70年代にかけての言語や日本語をめぐるさまざまな考察ではないだろうか。
   例えば吉本隆明は、1960年に連載を開始する『言語にとって美とはなにか』で時枝誠記・三浦つとむら国語学・言語学の議論を参照し、「自己表出」と「指示表出」という言語を構成する二概念を提示するとともに、日本語の初源に立ち戻ろうとした。その試みはやがて『初期歌謡論』(1977)へと結実することになる。さらにこの時代には、月村敏行・梶木剛らの批評、黒田喜夫・菅谷規矩雄・入沢康夫・北川透・大岡信らの詩論、岡井隆・金子兜太らの歌論・俳論など、方向性はさまざまだが主に詩に依拠しつつ言語や日本語を問題にするユニークな論考が数多く存在していた。詩的言語論と言うべきそれらの議論は、言語を通じて国家や共同体を問い直すものでもあり、その意味において70年代の日本文化論の流行とも接続するものであった。
   しかし、これらの批評的言説は、80年代以降の言語論・国民国家論を一面では用意するものであったにもかかわらず、80年代の批評によって過去のものとされ、近年の批評の文脈においてもほとんど言及されることがない。本企画では、1950年代から70年代にかけてなされたそれらの言語や日本語をめぐる考察を「詩学的批評」と名付け、国家論・文化論も視野に入れつつ、その現在的な意義を再考したい。
 
 
【講演者略歴】
瀬尾 育生(せお・いくお)
   1948年、愛知県生まれ。東京大学文学部独語独文学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科独語独文学科修士課程修了。首都大学東京都市教養学部教授などを経て、現在、首都大学東京都市教養学部名誉教授。詩人、ドイツ文学者。詩集に『ハイリリー・ハイロー』、『DEEP PURPLE』(第26回高見順賞)、『アンユナイテッド・ネイションズ』など、著書に『文字所有者たち 詩、あるいは言葉の外出』、『われわれ自身である寓意 詩は死んだ、詩作せよ』、『戦争詩論 1910-1945』(第15回やまなし文学賞)、『詩的間伐 対話2002‐2009』(稲川方人との共著、第1回鮎川信夫賞)、『純粋言語論』、『吉本隆明の言葉と「望みなきとき」のわたしたち』など多数。
 
 
【発表要旨】
詩的言語と国家の原理――雑誌『無名鬼』『磁場』とその周辺

梶尾 文武(かじお・ふみたけ、神戸大学)

   吉本隆明「詩とはなにか」(1961年)は、のちの大著『言語にとって美とはなにか』や『共同幻想論』のエスキースとなった評論と目される。そこで吉本は、折口信夫「国文学の発生」が提示した詩の信仰起源説をいわば脱魔術化し、詩の発生を、「人間の社会における存在の仕方の本質」と相関的な「意識の自己表出」に求める理路を用意した。
   国家が自己を社会的に疎外する装置であるとすれば、吉本は、それと逆立することなしにはありえない位相に詩を見出している。後続の批評家たちの多くは、同時代における「革命」という実践的課題と不可分な原理として、吉本のポエティクスを継承した。本発表では、吉本の雑誌『試行』から分岐した『無名鬼』『磁場』の村上一郎・桶谷秀昭、『あんかるわ』の北川透や、これらに参加した月村敏行・菅谷規矩雄・芹沢俊介らの動向に注目し、吉本を中心に一個のシューレを形成した彼らの詩学的批評が詩と国家の関係をいかに原理化したかを概観したい。
 
 
初期吉本隆明の文芸批評と共同体の理論
森岡 卓司(もりおか・たかし、山形大学)

   磯田光一『吉本隆明論』(1971)は、三島由紀夫という「陰画」を用いることで、1960年代に結実した吉本隆明のアイロニカルな共同体論に対して、整理の行き届いた見取り図を提供した。そこで磯田が吉本との共有を主張する「「普遍ロマンチシズム」の破却」というテーマは、より広くこの時代の批評的な主題としてとらえることがむしろ適切であろう。そして、そうした身振りにもかかわらず文学の領域を共同体(論)の外部に確保しようとする磯田とはことなり、少なくとも60年代までの吉本は、そうした「相対性」を拒絶する文学に深い関心を向けていた。
   本発表においては、こうした60年代吉本文芸批評の特質を、近接する位置にいたと思われる桶谷秀昭ら同時代の文芸批評との比較も念頭におきつつ再検討する。その手がかりとして、宮澤賢治、高村光太郎を論じる中で形作られた吉本の文学観が、北村透谷を中心にした明治浪漫主義への論及においてどのように展開されたのかに注目してみたい。
 
———-
秋季大会の出版社出店について
当日、出店を希望される出版社の方、および、雑誌等の研究成果の販売・配布などをしたい方は、事前にお葉書で下記にお申込みください。
〒101-0064 千代田区猿楽町2-2-3笠間書院内 昭和文学会会務委員長・和田博文宛

お詫び​

お詫び​
この度、学会員のみなさまにお送りした「昭和文学会 第58回研究集会」​の​案内状に関して、ご登壇者である柿原和宏氏の発表タイトルに間違いがありました。柿原和宏氏に​深く​お詫び申し上げるとともに謹んで訂正させていただきます。正式なタイトルは現在HPに掲載されているものになりますので、ご確認のほど宜しくお願いいたします。

2015(平成27)年度 秋季大会【特集 なぜ「部活動」が描かれ続けるのか】

2015(平成27)年度 昭和文学会 秋季大会
日時 11月14日(土)午後12時50分より
会場 奈良大学 C棟102教室(〒631―8502 奈良県奈良市山陵町1500)
 
     
特集 なぜ「部活動」が描かれ続けるのか
 

 
 
開会の辞

真田 信治(奈良大学文学部長)

 

【基調講演】

賢治の祈り――『銀河鉄道の夜』から『幕が上がる』まで――               

平田 オリザ

 
【研究発表】

アップランする身体――部活動小説としての綿矢りさ『蹴りたい背中』――       

矢口 貢大

 
<女子>と<部活>――吉田秋生『櫻の園』を中心に――    

竹田 志保

 
戦後日本における運動部活動

中澤 篤史

 
閉会の辞

阿毛 久芳(代表幹事)

 

司会 山岸 郁子・大石 紗都子・友田 義行

 
 
【企画趣旨】
  文学において未成年を主軸とした「部活動」とは、如何なる表現性を展開してきたのか。中学校・高等学校における運動部や“部活”を題材とする文学作品は数多い。それらを通じて、未成年の直面する不条理や危機の特殊性を表現することが可能なのは確かであり、今日に至るまで、ある特定のイメージを牽引してきたといえるだろう。しかし、そうしたイメージは従来文学研究の対象として注目されてこなかったのではないだろうか。
  文学における青年像については、たとえば政治運動や時代状況などの観点からも論じられてきた。それらに対し、「部活動」に焦点を絞った場合、わずか数年という有限性がより一層明確であり、その意味で、必ずしも将来の目標に繋がる現実参加でもなければ、かといって単なる韜晦や享楽でもない特殊な時空であるがゆえに論じる対象とはされにくいといった側面があったのではないか。さらに「部活動」は教育的な管理と生徒主体の活動の間のグレーゾーンであり、両者の拮抗は、政治の季節や非行問題などを背景として時代によって変容している。そこには独特の不条理な規範・上下関係などがあり、一般社会のそれとも異なる試練が生じるといった意味において非常に特殊な「場」でもある。
  平田オリザ「幕が上がる」には演劇部で全国大会を目指す高校生の姿が生き生きと描かれている。ある意味大人社会のバランス感覚を超越するような、「部活動」にかける部員の打ち込み方や練習の密度の表象は、一方では絶えず「大人」たちの需要として相対化される側面を持っている(「幕が上がる」においては高校演劇出身の美術教員によって相対化させることに成功している)。そうした未成年の姿は、明るく向上的な側面のみならず、時としてむしろ病理やストイシズムを伴う。そこには、未成年が何らかの形で馴致されながらも、一方でそこからの逸脱を試み、その拮抗を通じて変容をとげる様も見いだせる。その理不尽さも含めた未成年特有の共同体のエトスに注目することは、従来多くがアンチテーゼ・アウトサイダー意識の側から逆説的に、個の内面の解放を志向してきた「文学」そのものを問い直すことにもつながるのではないだろうか。  「部活動」を軸に据えることによってその限定的な時間ゆえに起こる特殊(だが日常的)な出来事を捉えることが可能となる。そういった意味において、「部活動」が「文学」の本質をあぶりだす一つの要素となることは間違いないだろう。

 
 
【講演者略歴】
平田 オリザ(ひらた・おりざ)
  1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。在学中に劇団「青年団」を結成。2002年度中学2年教科書に演劇学習教材「対話劇を体験しよう」を書き下ろし。ロボット演劇プロジェクトを開拓。現在、東京藝術大学特任教授、大阪大学客員教授、四国学院大学客員教授。岸田國士戯曲賞、読売演劇大賞優秀演出家賞、朝日舞台芸術賞グランプリ、モンブラン国際文化賞など受賞多数。2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。戯曲の代表作に、『東京ノート』、ソウル市民五部作、『S高原から』など、主な著書に『わかりあえないことから』『演劇入門』『芸術立国論』など多数。
 
 
【ゲスト発表者略歴】
中澤 篤史(なかざわ・あつし)
  1979年大阪府生まれ。東京大学大学院教育学研究科修了、博士(教育学、東京大学)。一橋大学大学院社会学研究科・准教授。専門は、身体教育学・スポーツ科学・社会福祉学。主著『運動部活動の戦後と現在:なぜスポーツは学校教育に結び付けられるのか』(青弓社、2014)。
 
 
【発表要旨】
アップランする身体 ――部活動小説としての綿矢りさ『蹴りたい背中』――

矢口 貢大(東京大学大学院)

  綿矢りさ『蹴りたい背中』(2003年、河出書房新社)は、第130回芥川龍之介賞受賞作であり、19歳の史上最年少芥川賞作家の誕生として、当時一大センセーションを巻き起こした。『蹴りたい背中』は、従来「青春小説」や「恋愛小説」としての側面が強調されるあまり、その特徴である部活動への繊細な視線が見落されてきた。高校1年生で陸上部に所属する語り手のハツは、「アップランだけは譲れない」と、競技そっちのけで陸上部の基礎練習に全力を注いでいる。ハツはそれを「ドラマチックな走り系トレーニング、アップラン」と称し、トラックを周回するごとにスピードを上げていく自身の身体に独自の物語を読み込む。また作中に登場する人物たちには、「ソフトボール部員」「野球部員」といった部活動を冠する呼称が用いられ、学校空間における部活動の名が持つ力学が丹念に描き出されている。それらの描写の分析を通して、文学表現における部活動の持つ機能を明らかにする。                                                         
 
<女子>と<部活> ――吉田秋生『櫻の園』を中心に――
竹田 志保(学習院大学他非常勤講師)

  〈女子〉の〈部活〉ものの代表作として挙げられるものに、吉田秋生の『櫻の園』がある。名門女子高校の演劇部を題材とした本作は、のちに中原俊監督によって映画化もされ、双方が高い評価を受けた。ここには〈部活〉ものに多く見出されるような特訓や勝利への指向はほぼない。本作が描出するのは、複数の〈女子〉グループ間の差異や、〈男子〉や〈大人〉との距離、自己の性や身体をめぐる葛藤、そして〈部活〉という場でこそ生起する〈女子〉同士の関係性である。こうしたアプローチは、成長期の〈女子〉の表象としてリアリティをもって迎えられる一方で、〈女子〉への幻想を強化するものでもある。一方的にまなざされることへの抵抗を示す登場人物を描きながらも、それ自体がフェティッシュに対象化されてしまうという本作の矛盾は、〈女子〉表象についての重大な問題提起をしている。〈女子〉と〈部活〉の表象について、『櫻の園』漫画版、映画版の比較検討を中心に、近年の部活映画なども視野に入れつつ考察していきたい。

 
戦後日本における運動部活動

中澤 篤史(一橋大学大学院准教授)

  戦後日本にとって運動部活動とはどのような存在だったのだろうか。
  運動部活動の歴史は明治期にまで遡ることができるが、それが大きく拡大し、多くの日本人にとって無視できない学校経験の一部となったのは、戦後日本においてである。
  本発表では、運動部活動がどのような戦後の歴史を経て、現在のような大規模なシステムとして拡大したのかを考える。
  結論として、運動部活動の拡大のプロセスには、民主主義・平等主義・管理主義をキーワードとする戦後日本の特徴が関連していることを指摘する。
  本発表のねらいは、部活動が描かれた文学作品そのものを論じるというよりも、そうした文学作品が生まれる土台としての部活動というシステムが、どのような歴史的・社会的文脈において成立/変容してきたのかを探る点にある。
  表象を分析する準備として、現実を見つめ直す役割を果たしながら、特集テーマ「なぜ『部活動』が描かれ続けるのか」に貢献したい。     
 
 

2015(平成27)年度 春季大会 【特集 〈知〉の共有のあり方を問う】

2015(平成27)年度 昭和文学会 春季大会
日時 6月13日(土)午後1時より
会場 立教大学 池袋キャンパス 14号館(D501教室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
 
 

特集 〈知〉の共有のあり方を問う ――著作物の権利をめぐって――
 
 

【基調講演】
〈文学作品〉の輪郭を決めるもの ――資本・テクノロジー・著作権――

山田 奨治

 
 
【研究発表】

記録/文学の陥穽 ――〈権利〉の問題として再考する井伏鱒二『黒い雨』事件――

大木 志門

 

著作権を超える創造のケース ――ネット以降の事例を参考に――

藤田 直哉

 

ハンセン病文学における諸問題 ――本名・園名・ペンネーム――

佐藤 健太

 
 

【シンポジウム】

ディスカッサント 紅野 謙介

 

司会 尾崎 名津子・牧 義之

 
 

【企画趣旨】

  文学作品をはじめとした創作物は著作物という商品であり、資本としての一面を抱えている。同時に、過去から現在にわたる人間が産み出した〈知〉として共有されるべきものであるという視点もありうるだろう。
  一体誰が、創作物を〈所有〉しているのだろうか。誰もが容易に情報の発信者となれる今日、創作物に対する権利に気がつかず、あるいは意図的に無視した利用や配信が多分野で横行している反動なのか、あらゆるものが商品とみなされる社会情勢も相まって、創作物の資本としての側面が重視され、著作物の〈所有〉をいかに定義し、保障するかをめぐっての法的対策が強化されている。法改正やTPP交渉次第では、新たな局面を迎える可能性もあるだろう。著作の〈所有〉に関わる議論は、創作物の権利を無視して利用することと、その権利を守ることとの対立関係をめぐってなされることが多いが、このレベルでの議論は、創作物を私的な〈所有〉の領域へと囲い込むことを無条件の前提としたものであり、〈知〉の共有されるべき側面を考えにくくしてしまっている。すなわち、「二次的著作物」や創作主体の措定不可能性、メディアテクノロジーの環境変化に伴う概念の変化、法と企業資本の倫理との関係性など、多様な今日的問題が見逃されてしまう恐れがある。
  文学研究の水準においては、あたかも永遠に同一性を保持されるべき歴史的産物であるかのように個別の作品が論じられてきた一方で、テクスト論導入以降は創作物が〈作者〉という一つの起源に回収不可能なものとして捉えられてきた。これらの経緯が如上の問題にどのように関わるのだろうか。
  本企画が目指すのは、著作権に関する研究、文学研究・文学批評というそれぞれの立場からの発言をふまえ、著作の権利に関わる当面の問題や今後の課題を分かち合う場を作ることである。殊に、著作物をめぐる現状が法と資本によって強固に下支えされていることに対して自覚的でありつつも、その論理とは異なる視座から〈知〉の共有のあり方を問う言説を、いかに構築できるのか追究してみたい。
 
 
【講演者略歴】
山田 奨治(やまだ・しょうじ)
  1963年、大阪市生まれ。筑波大学大学院修士課程医科学研究科修了後、日本アイ・ビー・エム株式会社、筑波技術短期大学助手などを経て、現在は国際日本文化研究センター教授・総合研究大学院大学教授。京都大学博士(工学)。専門は情報学と文化交流史。
  著書に『日本文化の模倣と創造』(角川書店)、『禅という名の日本丸』(弘文堂)、『情報のみかた』(弘文堂)、『〈海賊版〉の思想―18世紀英国の永久コピーライト闘争』(みすず書房)、『日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか』(人文書院)、『東京ブギウギと鈴木大拙』(人文書院)などがある。知的所有権に関する研究の他、日本文化、大衆文化、情報文化、人文情報学などを主なフィールドにしながら、情報の生成・伝達・変容・保存・消滅から再創までの、すべてを視野に置いた執筆活動を行っている。

 
 

【発表要旨】
記録/文学の陥穽 ――〈権利〉の問題として再考する井伏鱒二『黒い雨』事件――

大木 志門(山梨大学)

 

  戦後文学で井伏鱒二『黒い雨』(1965年)ほど名声からの失墜を味わった作品はないだろう。作家が他者の日記を利用することによって成立したこの原爆文学の代表作は、ある人物の告発をきっかけに「盗作」事件としてマスメディアを賑わせた。さらに井伏の没後、猪瀬直樹『ピカレスク 太宰治伝』(2000年)の刊行などで問題が再燃し作品の評価は地に落ちた。その後、本作の元になった『重松日記』の刊行などにより、井伏テクストの復権・再評価が進んでいるが、この「盗作」事件の問題の所在は置き去りにされたままであるように思われる。もちろん「盗作」とは法律用語でなく、元より法的問題でないことも自明であったこの事件は、果たして「文学」の何を巡って争われたものであったのか。素材と文学作品の関係、ノンフィクションと小説の関係、事実と創作物の関係、文学と法の関係等について示唆を与えてくれるこの事件について、あらためて「権利」の問題として再考することで見えてくることを明らかにしたい。
 
 
著作権を超える創造のケース ――ネット以降の事例を参考に――

藤田 直哉(批評家)

 

  著作権があることによって、創作者の利益が保護される。そのことの重要性も必要性も充分承知の上で、「著作権無視」が創造性を生むケースを、現在のネットでの事例などを参考に見ていく。
  例えば、『電車男』、二次創作、クソコラ、MAD、FLASHなどが挙げられる。ネット以前から、「きちがいテープ」などの名前で、既存の作品をコラージュしたりパロディ化する作品は、アンダーグラウンドで、出回っていた。これらは、厳密に言えば、著作権違反である。しかし、そこには、「匿名」の者たちの、現世的な利益を超えた何某かの表現への欲望や、楽しみ方がある。そこは、いわゆる大衆文化の生まれる原初的な欲動の在り処であり、母体でもある。
  著作権をあまりに厳密に運用して駆逐してしまうと、文化の全体にも影響を与え衰退する可能性がある。著作権の保護と、このような「著作権無視」の創造性を擁護し、生かすためには、複雑な戦略が必要とされる。
 
 
ハンセン病文学における諸問題 ――本名・園名・ペンネーム――

佐藤 健太(出版営業・編集業)


  ハンセン病文学(ここでは歴史をつうじてハンセン病を経験した病者たちが書いた文学作品のことを指す)を研究する際に、作品の書き手が誰なのかを特定することは重要でありながら、非常に困難がともなう問題である。昨年、北條民雄の本名がはじめて公にされたが、長年にわたる隔離政策下で親族も含めて偏見にさらされた歴史がハンセン病にはあり、研究者が本名を知ろうとすることに積極的であるべきではないだろう。日本においてハンセン病療養所へ入所する/させられたときに、多くのひとが所内で流通する園名を名乗った。しかしこの園名も、べつの療養所へ移る(転所/転園)際に変わることがある。また創作にあたってさまざまなペンネームを名乗っていたことも、近年の調査から判明している。転所経験や園名、複数のペンネームを把握しなければ、ひとりの書き手を総合的にとらえることは困難である。本発表では具体的な事例をあげながら、書き手のアイデンティファイをめぐる問題について報告する。