カテゴリー別アーカイブ: 2015年度

2015(平成27)年度 第56回研究集会 【特集 声と再現性】

2015(平成27)年度 第56回研究集会
日時 5月9日(土) 午後2時より
会場 橫浜国立大学 教育人間科学部講義棟 7号館 101教室
〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79番1号
 

特集 声と再現性
 

【研究発表】
声優が朗読する「女生徒」を聴く―― 声と実在性の捉え方 ――

広瀬 正浩

1930年代のメディアと口頭芸

真鍋 昌賢

1950年代の「幻灯/スライド」―― 教育・啓蒙から運動へ ――

鷲谷 花

 

※参考上映 幻灯『松川事件 一九五一』(1951年)  製作:人民幻燈協会、(日本労農救援会)
福島大学松川資料室所蔵オリジナルプリントから複製したニュープリントを上映。
 

司会 鬼頭七美 早川芳枝

 
 

【企画趣旨】
  黙読文化が浸透したと目される近代以降も、文字媒体の文学作品と〈声〉の文化は緊密な関係を保ってきた。落語や講談が言文一致体の生成に与えた影響や、物語を底流する浄瑠璃や歌舞伎の水脈など、とくに明治期の文学作品を検討する上で文字文化と音声文化の連関性は重要なトピックの一つである。
  それでは、昭和以降、物語と〈声〉の文化はいかなる関係を結んできたのか。そのことについて考える際、音声の録音送信技術の進展を無視することはできない。たとえば、国産レコードの流通やラジオの登場といったメディア革新の波は、新たな聴取者共同体と文化を生み出した。このような新興メディアの台頭に伴う〈声〉をめぐる想像力の再編は、 浪花節のような既存の口頭芸にどのような影響を与え、また漫談のような新しい口頭芸を生み出したのか、 また声優文化やボーカロイド文化など今日のポップカルチャーとどのように接続しているのだろうか。メディアの変化によって生まれた〈声〉は、〈声〉の持ち主である演者とその口演のあり方、 あるいは 文字文化と音声文化の関係性にどのような変化をもたらしたのか。またそのような〈声〉と結びつくことで、物語の受容のあり方はどのような変化を遂げたのか。本例会では広瀬正浩氏と真鍋昌賢氏に、メディアの再編に伴う〈聴き手〉と〈語り手〉のありかたの変容についてご発表いただく。また、鷲谷花氏に昭和20年代のフィルム式幻灯を実演していただき、複製された〈声〉の文化の浸透が進むなかで肉声によるナレーションや合唱に独自性を見せた幻灯というメディアについてご発表いただく。それぞれ異なる角度から〈声〉の文化にアプローチしていただくことで、昭和以降の物語と音声文化の関係を問い直す契機としたい。
 

【発表要旨】
 
声優が朗読する「女生徒」を聴く ――声と実在性の捉え方――

広瀬 正浩(椙山女学園大学)

  近年、人気声優が朗読する近代日本文学の名作のCDやCD付き書籍が多数発売されている。声優の存在に注目が集まる今日のアニメ文化の広がりを、そこに見ることができる。この中に、花澤香菜が朗読した「女生徒」(2012年)がある。周知のように、「女生徒」(太宰治、1939年)はこれまで様々な視点から〝実在性〟が問題とされてきた。語り手である少女の非実在性・虚構性が話題になった。また、この小説が、実在した女性の日記からの大幅な引用によって構成されたという事実を受け、男性作家・太宰治の表現の政治が問われるようにもなった。ただ、声優という独特な発話主体のその声を、音響装置等を通じて聴き取ることができる立場にある今日の私たちは、「女生徒」をめぐる実在性の問題に、従来とは別の仕方で接近することができる。本発表では、音響装置と私たちの想像力との協働によって立ち上がる身体に着目し、女生徒の実在性について再考する。
 

1930年代のメディアと口頭芸

真鍋 昌賢(北九州市立大学)

  1920年代後半から1930年代は、現代に続くメディア状況の基盤ができあがっていく時代である。電気吹込み時代に入ったレコード、新興メディアのラジオ・トーキー、さらには雑誌などの出版が複雑にからまりあう複製技術時代とは、それまでにない勢いでメディア空間が再編成されていく時代であった。本発表では、1930年代における口頭芸演者に求められた実践感覚について述べるなかで、メディア連動を前提とした声の流通・消費の在り方について論じていく。具体的には浪花節(浪曲)と漫談をとりあげる。浪花節(韻律をともなう語り物、明治期の新興ジャンル)、漫談(とりとめなく拡散するハナシ、昭和期初頭の新興ジャンル)―――対極的にみえる二つをながめるなかで、声の表現をなりわいとする者にとって1930年代がどのような時代であったのかについて考えてみたい。特に漫談については、草創期を支えた大辻司郎に焦点を当てる予定である。
 

1950年代の「幻灯/スライド」 ――教育・啓蒙から運動へ――

鷲谷 花(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)

  17世紀にヨーロッパで発明されたスクリーンに静止画像を拡大映写する映像装置(「Laterna Magica」〔羅〕、「Magic Lantern」〔英〕)は、18世紀に日本に輸入されて以来、幕藩期にはもっぱら「写し絵」(関西では「錦影絵」)、明治期には「幻灯」、そして1960年代以降は「スライド」と呼ばれてきた。幕藩期の「写し絵」の大衆的な娯楽性・見世物性に対し、明治初期の再輸入に際して新たに命名された「幻灯」は、学校、社会、家庭における教育・啓蒙のメディアとしての役割をもっぱら担ってきた。その一方、「幻灯」は、社会問題への認識を促し、その解決を呼びかける「運動」のメディアとしても独自の歴史を辿ってきた。とりわけ1950年代に興隆した労働運動をはじめとする社会運動においては、運動の当事者による幻灯の自主製作・自主上映が盛んに行われ、多くのユニークな記録や創作を生んでいる。本発表では、松川事件救援運動の一環として製作された幻灯『松川事件 一九五一』を実演し、「運動のメディア」としての幻灯のポテンシャルについて考察を試みる。
 

※ 研究集会終了後、シャルシュ(横浜国立大学大学会館2F カフェテリア)にて懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込みください。