カテゴリー別アーカイブ: 2014年度

第54回 昭和文学会 研究集会【特集:食―身体・技術・暴力】

2014(平成26)年度
第54回 昭和文学会 研究集会

会場 大正大学 巣鴨キャンパス 5号館 531教室
〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
日時 5月10日(土)午後2時より
特集 〈食〉――身体・技術・暴力
 
【研究発表】

「たましひ」たちの「真剣な世界」――戦間期における「食」と賢治童話

中村 晋吾

 

無塩(ぶえん)の魚 石牟礼道子の「近代」

佐藤 泉

 

〈食〉のゆらぎ――身体論で読み解く文学の現在――

近藤 裕子

 

司会 倉田 容子・野澤 涼子

 

※ 研究集会終了後、懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込みください。
 
【発表要旨】
「たましひ」たちの「真剣な世界」――戦間期における「食」と賢治童話

中村 晋吾

宮沢賢治の「よだかの星」では、「食う/喰われる」をめぐる描写を通じて、他者を殺し、また殺されもする「じぶん」をかかえる、生命たち相互が捉われる関係が、鮮明に描き出されている。他にも、「蜘蛛となめくぢと狸」や「フランドン農学校の豚」、「なめとこ山の熊」などの作品から見てとれるように、賢治童話における「食」という主題は、多くが欺瞞の論理によって隠蔽される「加害/被害」を伴う他者との関係に光をあて、さらには、「ビヂテリアン大祭」や「銀河鉄道の夜」に託されたように、現存する状況を超えるイメージを呼び起こす媒介ともなる。
本発表では、1910年代後半から20年代初頭にかけての書簡や、同時代の田中智学の言説について確認しながら、賢治が戦間期という状況の中で、その「食」をめぐる思想を、智学が提唱した「食/道」の思想から、どのように換骨奪胎し、独自に発展させたのかを考察する。
(早稲田大学高等学院非常勤講師)
 
無塩(ぶえん)の魚 石牟礼道子の「近代」

佐藤 泉

水俣病を世に知らしめた『苦海浄土』にせよ、災厄以前の水俣、天草を書いた『椿の海の記』にせよ、あるいはさきごろ刊行された自伝『葭の渚』にせよ、私たちの印象になにより深く刻まれるのは、そこに描かれた海辺の食ではなかったかと思われる。舟の上でさばいた魚や、自分らの庭先に広がるような海でさっとすくってきた青い海藻の吸い物や、ごく当たり前の書きぶりでそこに書き留められているのは、間違いなく至上の贅沢だ。そして私たちはその海辺の「栄華」から、決定的に隔てられている。石牟礼道子の描く美食を、ここでは私有でも公有でもない海から授かった、返済不可能の「負債」として読み、これを水俣病原因企業が患者に対して支払う「補償額」の思想と対比し、また、みずからが魚たちを殺して食べていることの「暴力」と「罪」を自覚する漁師と、「補償金」を支払う企業とを対比することで、「交換」、「負債」、「暴力」、そしてなにより私たちの文化の基盤をなす「市場経済」の意味を考えることにしたい。
(青山学院大学)
 
〈食〉のゆらぎ――身体論で読み解く文学の現在――

近藤 裕子

長らくパンや(めし)は生きることの喩であり続けてきた。しかし、食の安定供給が実現してゆく中で、それは生存よりは関係の喩として臨床や文学の場に浮上してきたように思われる。一緒に食べること、味わいを共にすることに親和性や交流性を見たのは大平健(「食と性―その共通根を求めて―」)だったが、関係がきしむ時、味わいは失われ食事の場は苦痛に変わる。その苦痛を振り払うように、ある者は食べることを拒んで個室にこもったり、吐き続けたりする。また別の者は、食うことを無理強いしたり、食べ物に悪意を混入して煮込んだりする。本発表では、村上春樹や小川洋子、川上弘美、山本昌代らのテクストを対象に、こうした〈食〉の現代的な様相を捉えつつ、そこに潜む心のもつれや結ぼれを探ってゆく。また、関係のきしみが、新しいどのような〈食〉のあり方を求めてゆくのかについても、身体論、臨床的視点をまじえながら考えてみたい。
(東京女子大学)

2014(平成26)年度 秋季大会 「挿絵と文学(仮)」研究発表者募集のお知らせ【募集終了】

【※ 本企画の発表者募集は終了いたしました。ご応募頂いた皆様に感謝いたします】
 
昭和文学会では、2014年度秋季大会において挿絵と文学についての特集を企画し、研究発表者を募集しております。会場・時間は未定ですが首都圏の大学で11月の土曜に開催される予定です。
応募される会員は、発表要旨を1000字~1200字程度にまとめて、4月15日必着で郵送またはEメール添付でお送りください。通常の募集と同様に、会務委員会にて採否を決定して5月中に通知いたします。
なお、募集と並行して会務委員会からの発表依頼も行い、企画としてまとまりのあるものになるようコーディネートいたします。その点もあらかじめご了承ください。
会員の皆様の意欲的なご応募をお待ちしております。
〒101-0064 千代田区猿楽町2-2-3 NSビル302 笠間書院内
昭和文学会 会務委員会
挿絵特集募集専用アドレス swbg.sasie@gmail.com


挿絵と文学 企画趣旨
およそ近現代文学研究において「文学を読む」という行為は、純粋に捉えるならば、紙面に印刷された文字を通してその世界内容を把握しようとする行為である。では、文字の羅列のなかに挟まれた挿絵は、読書行為のなかでは蛇足にすぎないのだろうか。確かに挿絵は純粋な読書体験においては読みのノイズともなりえる。だがその一方で、時に読者を導き、あるいは迷わせ、更には作品世界の視覚化によって言語表現を補完し、読者の感性を刺激するのであり、その意味でやはり挿絵も読書体験に寄与するものなのだ。また、同一作品であっても発表媒体によっては挿絵が変更されたり、挿絵画家自体が交替したりする。つまり、どの挿絵が載った媒体を選ぶかによって、時に読書体験が左右され、これが存外にその作品解釈に大きな影響を及ぼすことがある。挿絵は文字と並んで個々の読書体験を支える重要なファクターといえるのだ。
今回、近現代文学研究の一環として挿絵に光を当てることは、文学者・挿絵画家・出版・編集・読者といった複数の場の関わる文学生成の多層性を捉え直すことに繋がるだろう。多様な媒体に描かれた挿絵と作品内容との有機的な関係を解き明かすことによって、挿絵が如何に読書体験、更には文学自体を左右するか、その働きを多方面からクリティカルに浮かび上がらせたい。
 
【※ 本企画の発表者募集は終了いたしました。ご応募頂いた皆様に感謝いたします】